一歩ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

その他

手のシミとシワの予防対策およびハンドケアと各種治療法について

投稿日:

顔だけではなく毎日使う手のケアも重要です。

年齢と共に、顔のみならず手の方にも老化現象が
出てくることはご存じですね。

今回はその手の老化現象の一つであるシミやシワの
対策や、ハンドケアの方法、さらには治療法に
ついても書いてみました。

ぜひ参考にして、シミやシワのない綺麗な手を
獲得して下さい。

スポンサーリンク

手のシミとシワ

40代を過ぎると手のシミやシワが気になりだします。
さらにだんだんと手の甲の血管も浮き出てきて急激に
手が老けてきます。

手の老けは、「老け手」と呼ばれています。
人は顔にシワ、シミなどができることで年を実感します。

手は第二の顔と表現されるように、顔と同じように
年を実感させる部分です。

ですから、美容に気を配る人は、美顔ケアだけではなく、
手のケアもかかしません。

老け手になる原因としては、まず1つ血管の老化が
関係しています。

手の甲に透けて見える血管は静脈です。
この静脈が老化により硬くなってきます。

硬くなった血管は収縮する力が弱くなり、太く浮き出る
ようになります。これが老け手です。

また加齢によって女性ホルモンが体内から減っていき、
それにより皮膚にコラーゲンも少なくなり、手の皮膚が
薄くなって老け手が進行します。

皮下脂肪が減っていくことも皮膚を薄くし、老け手に
見える原因となります。

もともと手は顔や首などよりも真皮層が薄く、乾燥
しやすいのでシワもできやすいです。

さらに紫外線を浴びることで皮膚内のコラーゲン、
エラスチンといった成分が破壊され老化を進行します。

人は紫外線を浴びると体内の細胞を守るためにメラニンを
生成します。

これにより肌のターンオーバーが行われて紫外線によって
日焼けした肌色が元の肌色へと戻っていきます。

これが正常に行われている場合は問題ありませんが、何の
ケアもしないで紫外線をたくさん浴び続けてしまうと
メラニンが過剰に作られてしまい色素沈着を起こします。
これがシミの原因となります。

手のシワに関しては、長年手を使い続けてきた結果
できたとも言えます。

指を曲げたり伸ばしたり、毎日動かし続けている部分
ですから、どうしても老化は進みます。

左右の手を見比べてみるとシワは、利き手の方に多く
できています。このように手を使い続けてきた結果、
ワはできるのです。

逆に言うとあまり使っていない方にはシワが少ない
わけですから、きちんと対策することでシワを少なくして
老け手の進行を抑えることができるというわけです。

これらの症状は一般的に40歳前後になると現れ始めます。
しかしアウトドアにいることが多い人は20代で現れる
人もいます。

色白な人もシミが目立ちやすいため20代から気になる
人も出てきます。

手のシミやシワが気になりだしてからではなく、気になる
前から早めに対策していく必要があります。

シミ、シワの予防対策

今からすぐに始められる、手のシミやシワを作らせない
ための対策方法について紹介したいと思います。

・顔と一緒に毎日UV対策をする。
紫外線から肌を守るために、顔に日焼け止めを塗っている
人は多いと思います。

顔に日焼け止めを塗るときに、そのついでに手にも塗る
ようにしましょう。

よく車を運転するという人は、手袋やアームカバーなどを
つけると、UV対策になると思います。

紫外線がとても強い日は、手袋を2枚にするのも良いと
思います。

作業しにくいという場合には、指先だけ切って開けておくと
自由が利きます。

・家事の合間にもハンドクリームを塗る。
特に水を使ったあとには、必ず塗るようにしましょう。

手を洗って濡れた状態のままにしておくと、皮膚内の水分も
一緒に蒸発させてしまいます。

肌荒れ、シワの原因となるためしっかりと乾かすように
しましょう。

そのためお風呂上りもタオルでしっかりと水分を拭いたら、
できる限り早めに化粧水をつけて保湿しましょう。

・一日の終わりにハンドケアを行う。
手のシミ、シワには乾燥が大敵です。
まずは化粧水をつけてしっかりと肌を保湿しましょう。

化粧水を手でさらっとつけるよりも、コットンを使って
しっかりとパッティングするとより効果的です。

次にハンドクリーム、オイルなどを使ってハンドマッサージ
をします。エイジングケア成分の入ったクリームを使うと
シワ対策に効果的です。

最後に手にラップをかぶせ、3分ほどパックすると保湿力が
高まります。

・食器洗いをするとき、水作業をするときにはゴム手袋をする。
水に濡れた状態では手から保湿成分も出ていってしまい
老け手が進行します。

極力直接水に触れないようにゴム手袋を使って作業しましょう。

・野菜を扱うときにも手袋をする。
野菜のアクや泥も老け手が進行します。
野菜の下処理、調理をするときには、薄手の手袋をして手に
直接付かないようにしましょう。

・アンチエイジングに効果のある食材を食べるようにする。
コラーゲンを摂取できる食材としておすすめなのは、
手羽先やうなぎなどです。

ビタミンCを摂取できる食材としておすすめなのは、
レモン、イチゴ、アセロラ、アボカドなどです。

手も顔と同じでいつも外から見られるところです。
顔と一緒にしっかりとケアして、美しい手を手に入れましょう。

あさイチで紹介されたハンドケア

手のシミやシワを防ぐ老け手対策として、テレビ番組
「あさイチ」の中で紹介されていたハンドケアの方法を
紹介します。

スポンサーリンク

手のパーツモデルとして活躍している人が実際に行っている
老け手対策らしいです。

必要なものは、ハンドクリーム、化粧水、ビニール袋、
輪ゴム、タオルです。

・まず化粧水を手の甲に吹き付けます。
このとき皮膚の硬くなっている部分には少し多めにつける
ようにします。

・次に手の甲にハンドクリームを塗ります。
手全体にまんべんなく塗るようにしましょう。
このとき軽くマッサージをしながら塗るといいです。

指先や指と指の間のみずかき部分、シワがよりやすい
関節部分などもしっかりと塗るようにします。

・一通り塗り終えた手にビニール袋をかぶせます。
手首のところまでかぶせて輪ゴムでビニール袋を固定します。

・42度にタオルを温めておき、それをビニール袋の上から
手に被せて、この状態で3分間置きます。

手をしっかりと潤した状態で密封させ温めることで、手の
血行を促進、ターンオーバーも促進して老け手を改善できます。

手のシミが気になる人は、ハンドクリームへ少しだけリ
キッドファンデーションを混ぜて手の甲へ塗るとシミが
目立たなくなるそうです。

これを続けていくことで、老け手は改善できます。
特にハンドクリームは必須、手のシミ、シワを作らせない
ためにも、水を使ったあとにはこまめにハンドクリームを
塗る癖をつけておくといいでしょう。

使うハンドクリームは、しっとりタイプの油分が多いものを
使うといいと思います。ただし、べたつかないものにしましょう。

べたつくと次の作業ができずに、家事の合間にハンドクリームを
塗るのがだんだんと億劫になってしまうからです。

乾燥肌の人は、特にハンドクリーム選びに気を付けた方が
いいと思います。

手の乾燥は、老け手の大敵です。
手を洗ったり、家事をしたりして濡らしたらすぐに拭くように
心がけることが大切です。

外出先などで、トイレによく設置されている温風乾燥機を使って
洗った後の手を乾かすのもやめた方がいいと思います。

手から水分を飛ばして、乾燥を促進しているようなものです。
ハンカチでしっかりと拭くようにしましょう。

普段の生活の中で、濡れた手はすぐに拭く、一日に何度か
ハンドクリームで保湿する、夜には先程紹介したハンドケア
を行う。

これらのことを毎日していけば、老け手は解消され、手のシミも
シワも気にならないきれいな手になれると思います。

治療方法

クリームなどを使ってケア対策をしたり、UV対策をしてみたり
したけれどあまり効果がなく、手のシミやシワがさらに目立つ
ようになってきた場合には医師による治療も考えた方がいいと
思います。

これ以上ひどくならないうちに早めの対策が必要です。
手のシミを解消する治療とシワを解消する治療方法はそれぞれ
別の方法です。

主な治療方法としてそれぞれ次のようなものがあります。

<シミ治療>
・外用薬治療…ビタミンC、ハイドロキノン、トレチノインなど
美白効果のある成分が入った薬を塗布します。
早くて1ヶ月、だいたい3ヶ月くらいまでには効果が出てくる
と思います。
トレチノインに関しては妊婦さんは使用できませんので
注意してください。

・レーザー治療…一般的に行われる方法がQスイッチレーザー
という治療法で、シミが広範囲な場合や皮膚が薄い手の甲などに
適したIPLというレーザー治療法もあります。

Qスイッチレーザーでは、シミ部分へレーザーをあてるとかさぶたが
できて、2、3週間するとはがれます。
その後3ヶ月間は外用薬を塗ります。2、3週間、かさぶたが目立つ
というのが難点です。

・レーザートーニング…かさぶたにならない程度に手の甲全体に
シャワーのように弱くレーザーをあてます。
皮膚内のメラニンだけ破壊してくれます。

手の症状を悪化させずに安全にシミ治療を効率的に行うことが
できます。

肌のくすみ、色むらなどの改善効果、肌のキメを整える効果も
ある人気の治療方法です。

<シワ治療>
・ヒアルロン酸注入…手の甲の血管と血管、スジとスジ、
血管とスジの間などへヒアルロン酸を注入して皮膚に
ボリュームをだし、ハリのある肌へと仕上げることができます。

ヒアルロン酸注入後は、肌の水分保持機能が高まっているため
みずみずしい手になります。

・脂肪注入…お腹周り、太もも、二の腕など自分の余分な
脂肪を吸引してそれを手の甲へ注入する治療方法です。

血管やスジが目立たなくなり、手のシワを改善することができます。

注入した脂肪は半分くらい吸収されますが、半分くらいは
注入した場所に残るため、ヒアルロン酸みたいに減ったら
また注入するという必要がありません。

どちらも注射で注入できますから、傷跡は針穴が少しあく程度で、
手術をしなくても済むのが大きなメリットです。

・PFC注入…自己血液から肌の活性成分を抽出して作られる
注入剤を肌へ注入することで肌の活性力が高まりシワを解消する
治療法。

一時的に解消されるのではなく肌を活性化することで根本的な
解消が望めます。

まとめ

今回の記事は参考になりましたか?

お顔のケアは念入りにしていても、意外に手のケアは
怠っている方も多いものです。

今回の内容をよく読んで頂き、あなたの手が、シミやシワ
のない手に近づいてくれたら幸いです。

人気ブログランキング

スポンサーリンク

-その他
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

脱毛マニアおススメの脱毛方法やポイント学生におススメの自宅脱毛

スポンサーリンク 今回は自宅でできるおすすめの脱毛方法についての 3回目です。 今回はも脱毛マニアおススメの脱毛方法や脱毛のポイント についても書いてみました。 また、お金のない学生さんにとってのおス …

最近のコメント