一歩(いっぽ)ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

社会生活

フリーターの就職が不利な理由とは?職をゲットする作戦とは?

投稿日:

フリーターを長く続けていると、なかなか正式に
就職することが厳しくなりがちです。

フリーターをしていても、アルバイトで仕事は
しているわけですが、その仕事を長期間に
渡ってし続けるつもりで働いているわけでは
ない事が多いようです。

そういったフリーターの方が正社員として就職
する際のポイントや作戦的なことを、今回の
記事で書いてみましたので、ぜひ参考にされて
就職の際に有効活用して下さい。

スポンサーリンク

フリーターの就職が不利な理由

大学を卒業してから一度でもフリーターになると、
再就職は困難だといわれていますが、本当に
そういうものなのでしょうか。

実際は、フリーターであっても就職先を見つける
ことは不可能なことではないといいます。
とはいえ、新卒者より就職が難しくなるようです。

どうして、新卒者よりフリーターの方が就職活動が
うまくいかないのでしょう。

主な理由は、採用企業側が新卒者の採用を希望して
いることにあります。

また、フリーターは経験に乏しいことが多いと
考えられていることもあります。

日本において企業が新卒一括採用をするのは、
言わば慣例であると同時に、採用する側にも
それなりの理由やメリットがあるからなのです。

時期を限定し、新卒者をまとめて採用することで、
採用にかけるお金を少なくすることができます。

まとめて採用し、まとめて教育をすることで、講師や
指導員の作業量を減らすことができますので、コスト
減になります。

キャリアについてもフリーターに対する評価は
決して高くはありません。

フリーターをされている方の中には、フリーターと
言っても遊んでいた訳ではないといいたい人もいる
でしょう。

アルバイトの経歴も就業経験と同様に立派なキャリア
だと考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、フリーターがアルバイトをしていても、
就職活動では評価されることはないようです。

フリーターが就職するために

フリーターの状態から就職を成功させるコツは一体
どのようなものでしょう。

フリーターは経験したアルバイトの内容や種類が、
応募職種に関連性があれば、就職活動の際に職歴
として扱ってもらえることもあるようです。

しかし、そういうケースはまずないと考えた方が
いいかもしれません。

フリーターから正社員になることは難しく、経験や
実績を重ねることができないままに年齢ばかり取って
しまうことにもなるでしょう。

就職活動では、フリーターが長期に渡ってアルバイトを
していても、実績としては認めづらいとされています。
年を取ると、就職自体が難しくなってきます。

正社員の求人はいくつか出ていますが、30歳以上
となるとその数は減り、40歳以上ではごくわずかです。

スポンサーリンク

ですが、一旦フリーターになったら、正社員として
採用されることは皆無なのかというと、そうとも
言い切れません。しかし、就職が困難であることは、
間違いありません。

キャリアがない人の就職ほど難しいものはない
ともいいます。経験を補うものがあれば、中途
採用枠に入る見込みはあります。

つまり経験がないことを何とかすればいいという
わけになります。

新卒の頃は、希望職種というと、自分のやりたいこと
を中心に考えていたかと思います。

フリーターが就職を成功させるには、アルバイトでも
経験として認められる業種を探すところから始めて
みるとよいかもしれません。

フリーターから就職するための方策

フリーターの状態で就職先を決定するために
すべきことは何でしょう。

アルバイトの経験が就職に生きる業種や、経験者
以外でも採用の見込みがあるような求人情報を
探してみることです。

採用を目指して資格の勉強をしたり、アルバイトで
キャリアを重ねても、前提条件となる経験や実績が
合致しない会社には応募することは不可能です。

フリーター歴はそのままキャリアにはなりませんが、
就職活動の際に職歴になるようなアルバイトを
探すことはできます。

アルバイトを探すときは後の就職活動を意識して
仕事を探すとよいでしょう。

フリーターから正社員を目指すなら、大手の企業
ではなく中小企業の求人を探すと見つかる可能性が
あります。

キャリアがない状態で就職先を探す場合、年功序列
を重視する風潮が残っていやすい大企業の採用
見込みは低くなります。

中小企業では年功序列が崩れてしまっていることが
多いため、フリーターにも就職の可能性が残っている
といえるでしょう。

一気に何人も求人を出している会社も採用されやすい
ようです。

ブラック企業が、流出した人員の補充のために求人を
出し続けているという状況には要注意です。

急成長を遂げている市場であればブラックだとも
言い切れないところがあります。

就職先を探し出すためには、これから伸びる業種や
会社を探すことも、フリーターにとっては大事なこと
といえます。

まとめ

いかがでしたか、今回の記事は?

フリーターも増えているのかもしれませんが、
一方で何もしない、ニートも増えてきている
のが気がかりです。

今の日本の社会では、公務員は除いて、終身雇用
という概念は次第に消えつつあります。

それでも、やはり待遇的には正社員が一番良い
のは間違いありませんので、フリーターの方でも
正社員にチャレンジして、よりよい職について
頂きたいと思います。

今回の記事が少しでも参考になったのであれば
大変嬉しく思います。

スポンサーリンク

-社会生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仕事とやりがい。自分に向いた仕事、向かない仕事。

スポンサーリンク 今回は仕事とやりがいについて、そして自分に 合う仕事、合わない仕事とはどのようなものか ということを書いてみました。 最近では、せっかく世間的にはよいと言われて いる会社などに就職し …

就職のためのガイダンス。学校、企業が行う就職ガイダンス。

スポンサーリンク 今回は就職ガイダンスについての記事を 書いてみました。 就職活動もだんだんと佳境に入ってきて います。 自分が入社したい会社はどんな会社なのか など、会社が主催するガイダンスがあれば …

転職と履歴書。転職の際にどのような履歴書を書くのがよいか?

スポンサーリンク 転職するときも、就職することにはかわりは ないので、当然履歴書の提出を求められる ことになります。 その際に気をつけなくてはいけないポイントが 幾つかあります。 そういったところを今 …

お金を借りる方法やコツ。消費者金融を利用する時の基本など。

スポンサーリンク 5月の連休も終わって、やっと通常の生活 パターンに戻ってきた感じですが、あなたは いかがでしょうか? さて、今日のテーマはお金の借り方や、 お金を借りるコツについて書いてみました。 …

キャッシングの枠について。枠の決め方と増額したいときの方法。

スポンサーリンク 今回はキャッシングの枠についての記事を書いて みました。 キャッシングと言うのは、現金をすぐにATM から引き出して、お金を借りる仕組みです。 非常に便利な反面、通常より高い金利で借 …