一歩(いっぽ)ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

社会生活

仕事とやりがい。自分に向いた仕事、向かない仕事。

投稿日:

今回は仕事とやりがいについて、そして自分に
合う仕事、合わない仕事とはどのようなものか
ということを書いてみました。

最近では、せっかく世間的にはよいと言われて
いる会社などに就職しても、すぐに辞めてしまう
人が増えていると言われています。

これから仕事を探す人や、転職を考えている人は
これを読んで参考ににして下さい。

スポンサーリンク

1.仕事とやりがい

仕事にやりがいを感じて、社会に出て働いている
人の多くは毎日頑張っていることだと思います。

現在の仕事にやりがいを感じ、自分に合う仕事を
している気持ちを持てることが理想です。

その仕事が誰かのためになることであり、労働に
見合う対価を手に入れることが、仕事として
望ましいことでしょう。

とは言え実際に働くことは、楽しいことばかり
ではありません。

働いても働いてもやりがいに結びつかないことも
よくありますし、今の仕事をやめて別な仕事を
したいと思う時もあります。

やりがいを感じながら仕事をするには、何を
すれば良いのでしょう。目標を立てて仕事をし、
それをなし遂げることでやりがいを覚えると
いう人もいるようです。

職場で順調に昇進していくことで、仕事に対する
やりがいを感じる人も大勢います。

やりがいが、年収が上がることと直結している
という人もいます。

同じ仕事をするのであれば、いやいや働くのは
やめましょう。

できれば自分から進んでやりがいを感じながら
積極的に行っていきたいもの。やりがいを感じ
ながら働くことは、仕事に取り組む上では重要な
ことです。

社会生活を営んでいくために、やりがいのある
仕事をしたいものです。

2.自分に向いた仕事

いったい自分はどんな仕事が向いているのか、
どんな仕事を今後していくべきなのでしょうか。

就職先を探す時は、多くの人がまず自分の適職は
何なのかを考えるのではないでしょうか。

自分のことを自分が一番良く知っているとも
限りませんし、好きな仕事と向いた仕事が
必ずしも一致するとは限らないでしょう。

適職診断などを受けたり意見を身近な人から
聞いたりして、仕事について多角度から検討
することをおすすめします。

人との交流かデータの分析か物づくりか、自分の
興味がある仕事の分野は何でしょうか。

いろいろな仕事が存在するのが今の世の中です。
自己分析で出した結論や適職診断が正しいとも
限りませんし、自分に向いた仕事が1つとは
断言できません。

実際のところ、何が自分に向いた仕事なのかは
やってみなければ分らないこともあります。

スポンサーリンク

事前に仕事の内容を何もかもイメージすることは
まずできるものではないからです。

就職前に自分に向いた仕事を決めつけすぎること
は不要だといえるでしょう。

実際に仕事をしてみて、慣れてさえくれば仕事の
面白さがわかり、自分に向いた仕事にすることが
できることもあります。

自分に向く仕事とは案外と幅があるものです。
1つの業種1つの仕事にあまりこだわりすぎない
ことも、仕事の中から自分に向いたをものを
探す時には不可欠だといえるでしょう。

3.自分に向かない仕事

仕事の中でも自分に合うものとはどんなもの
なのでしょう。

どんな部分で自分に合わない仕事となってしまう
のでしょうか。

仕事を簡単に辞めてしまう人がいますが、その
理由は自分に合わないからだといいます。

妥協を重ねて今の仕事に就職先が見つから
なかったために就いたものの、やはり納得が
いかないといった理由で退職をする人もいる
ようです。

今の仕事がうまくできないのは、自分に合わない
からだと思いながら仕事をしている人は少なく
ないことでしょう。

どんな仕事が合うか分っていて今の仕事が合わない
と感じているのなら、次の就職活動の原動力に
なるかも知れません。

自分に合う仕事が分らないまま、漠然と今の仕事が
合わないと思っているなら、同じ思いを次の仕事
でも抱く場合もあるのではないでしょうか。

一生懸命に今の仕事に打ち込んだことで、一度は
合わないと感じた仕事でも、自分に仕事が馴染む
ようになるものです。

気づけば自分の仕事が好きになっていたと言う
人もいます。

仕事に一生懸命になってみて、自分に合わないと
感じるようなら仕事のどこが合わないか問題点を
具体的に抽出してみることが、おすすめです。

人間関係や職場環境が問題であるなら、仕事が
合うか合わないかは関係ないのかも知れません。

一生懸命になって仕事をせずに、何となく自分には
仕事が合わないと感じているなら、まずは仕事を
一生懸命やってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はいかがでしたでしょうか?

いろいろな種類の仕事や資格が増えている中、
AIの登場でこれから減っていく仕事も多く
なっていくとも言われています。

そんな現代の時代ですが、今回の内容の事を
もう一度しっかり考えてみるのもよいのでは
ないかと思います。

あなたは今の仕事にやりがいを感じていますか?

スポンサーリンク

-社会生活
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

クレジットカードとカードローンの注意点は何か?

スポンサーリンク クレジットカードは、現金をたくさん持たなくても いいという反面、紛失したらいろいろ問題が起きたり、 いい事ばかりではありません。 その他、ついつい使いすぎてしまって、あとで 支払いが …

就職フェアの情報、就職フェアへの参加とその活用のポイント。

スポンサーリンク 就職フェアという言葉は聞いたことがあるで しょうか? 大企業の場合などは全国各地で単独に、そして 中小企業の場合には、都市部で合同に開催される 事も多いかもしれません。 今回は、この …

ノンリコースローンとは何か?そのメリットと活用法。

スポンサーリンク ノンリコースローンとはどのようなローンなのか ご存じでしたか? 正直なところ私は知りませんでした。 しかし、いわゆる住宅ローンなどのリコースローン とは全く違ったローンであることがわ …

お金を借りる方法やコツ。消費者金融を利用する時の基本など。

スポンサーリンク 5月の連休も終わって、やっと通常の生活 パターンに戻ってきた感じですが、あなたは いかがでしょうか? さて、今日のテーマはお金の借り方や、 お金を借りるコツについて書いてみました。 …

女性の転職と資格について。女性が転職に有利な場合と不利な場合。

スポンサーリンク 今回は情勢の転職という問題について書いて みました。 終身雇用制度が崩壊して、同じ所に一生働く ということはなくなってきました。 女性の場合は特に、出産という大きなイベントが あると …