一歩ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

美容、健康

髪のパサつき注意事項&洗わないトリートメントや髪質による違い

投稿日:

今回も前回に引き続いて、髪のパサつきがテーマです。

今回は髪のパサつきの注意事項や、髪質による
トリートメントの違い、そして洗わないタイプの
トリートメントについても書きました。

髪のパサつきに関心をお持ちの方や、お悩みの方に
何らかのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク

髪のパサつきが気になったらこんな注意も

髪のパサつきが気になったら、トリートメントをして
髪を補修することが大切です。
しかし他にもちょっとした注意が必要です。

まずシャンプーを行う前に、ほこりなどを取る
ためにも軽くブラッシングをします。

しかしこれもパサついた髪の場合は、軽く水で濡らして
からブラッシングを軽く行うようにしましょう。

特にロングヘアの場合はヘアクリームや、美容オイル
などを少し付けてからブラッシングすると髪も傷付き
ません。

またシャンプー剤にもちょっと注意をしましょう。
できるだけ髪の中の状態が悪いときには、アミノ酸系
シャンプーを使用するようにしたいものです。

普通のアルコール系のシャンプーは、合成界面活性剤
によって地肌から必要な皮脂も取り除いてしまいます。

それによってますます髪はパサパサになってしまうので
注意しましょう。

またシャンプーのときには両手の指を広げ指の腹を使い、
地肌を弾くようにして、毛穴の中の不必要な皮脂や汚れを
出すイメージでマッサージしましょう。

そしてシャンプーの後はしっかりすすぐことも大切です。
シャンプー成分が残ってしまうと地肌トラブルの原因
となり、パサつきにも影響してしまいます。

またシャンプーの後はパサつきが治まるまで、毎日~1日
おきぐらいの間隔でトリートメントをしていきましょう。

パサつきが落ち着いたら1週間に2回程度を目安に
続けるとベストです

コンディショナーやリンスはトリートメントの後にするか、
ダブルでしなくてもOKなので、トリートメントをしない
ときにリンスやコンディショナーを使用してはいかが
でしょう。

髪のパサつきに洗わないトリートメント

髪のパサつきなど、髪のトラブルならやっぱりトリート
メントがおすすめです。

そんなトリートメントには洗わないトリートメントも
出回るようになりました。

しかし意外と多いのが、洗わないトリートメントの
目的や使い方の間違いです。

せっかく洗わないトリートメントを使用しても、目的や
使い方を間違ってしまうと思ったような結果が出ません。

洗わないトリートメントをお風呂の中で、シャンプーの
後に使っている人が多いようですが、これは今まで
使っていた洗うタイプのトリートメントと、同じように
考えているからです。

洗うタイプのトリートメントの場合、シャンプー直後に
キューティクルが開いている状態のうちに、栄養分を
髪の中に入れることが必要となります。

その理由は洗うタイプのトリートメントの目的が、
髪のダメージの補修だからです。

しかし洗わないトリートメントの場合は、髪のプロテクト
を保護することが目的なので、キューティクルがしっかり
閉じた後に使わなければなりません。

スポンサーリンク

つまり使用方法の違いからも分かるように、洗うタイプ
のトリートメントは、髪の中まで痛んでいる場合に効果が
あるタイプであり、洗わないトリートメントはそこまで
痛んでいない、髪が少しパサつく程度の軽い痛みに効果を
発揮するのです。

このような目的の違いがあるので、洗わないトリート
メントを使用するときには、髪が乾いてから使用する
ようにしましょう。

パサつきがひどいときには、やっぱり洗うタイプの
トリートメントがおすすめです。

髪の質によるトリートメントの選び方

髪のパサつきはほとんどの場合、髪の中にもトラブルが
発生しています。

そのためトラブルを改善するには、栄養豊かなトリート
メントが必要です。

しかし現在あまりにもたくさんのトリートメントが
出回っているため、どれを選んだらいいか分からない
のが現状です。

そこで髪のパサつきのときに是非使用したい、トリート
メントの選び方についてご紹介しましょう。

人それぞれ髪のタイプも違うので、自分の髪にあった
ものを選ぶようにしたいものです。

くせ毛の人の場合はオイルタイプのトリートメント
がおすすめです。特にくせ毛は水分量が関係しています。

水分がたっぷり保水するためにも、オイルタイプが
おすすめなのです。

またダメージが多い人の場合、つまりパサつきもひどい
人は、シリコン量の多いミルクタイプやジェルタイプを
選ぶといいと言われています。

髪をしっかりコーティングすることで、これ以上髪の
傷みを進めないためにも、シリコン量の多いものが
おすすめです。

またオイルタイプのトリートメントとミルクタイプを
組み合わせて使うことで、両方の特徴を上手に使う
ことができます。

また縮毛矯正をしている女性も多いと思いますが、
この場合ダメージはとても強いと言われています。

縮毛矯正をかけるとサラサラの髪になるので髪は
良い状態のように感じますが、実は相当痛んでいるので、
縮毛矯正を行っている人は、オイル、ミルク、それに
ミストタイプのトリートメントを上手に使い分けましょう。

まずブローやヘアアイロンを使用するときにはミスト
タイプのトリートメントを必ず使うようにします。

次に洗わないトリートメントと言われている、ミルク
タイプのトリートメントを髪に付けて、髪を守りましょう。

夜シャンプーの後は洗うタイプの、オイルタイプ
トリートメントを使用します。

まとめ

今回の記事はいかがでしたか?

髪のパサつきというのは本当に気になる人には気になる
ものですから、何とかしたいですよね。

髪質によってその取り扱い方が変わってきたり、
洗わないタイプのトリートメントがあったりと
なかなか色々な知識が得られたことと思います。

なんとかしてダメージヘアを撲滅したいものですね。

スポンサーリンク

-美容、健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

痩せる食べ方とは?痩せる食べ方の基本と外食でも痩せる食べ方

スポンサーリンク 今回は痩せるための食べ方というところにフォーカスを 当てた記事を書いてみました。 ある程度はすでに知っていたという方もいるかもしれません が、ここでもう一度確認しておいて頂きたいと思 …

疲労回復を補う栄養について

スポンサーリンク 今回は疲労回復を補う栄養素の記事を まとめてみました。 現代という時代は、何かと疲労を感じ やすいい時代になっています。 そして、疲労を感じたらそれを完全に 回復させないうちに、また …

プチ豊胸とは。その施術方法とメリットデメリットについて。

スポンサーリンク あなたは「プチ豊胸」という言葉をご存じでしたか? 女性にとっては、その象徴たるバストは体の 中でも特別な期間でもあります。 やはり、多くの女性はいわゆる貧乳と言われる よりもふくよか …

リバウンドの仕組みとリバウンドを防ぐ方法について

スポンサーリンク 今回はリバウンドということをテーマに 記事をまとめてみました。 ダイエットをして思い描いた体重や体型に なって喜んでいたのもつかの間、しばらく してまた元に戻ったということもよくある …

女性の加齢臭対策その1。食事や入浴、香水を使った対策など。

スポンサーリンク 今回も女性の加齢臭についての記事です。 前回は男性と同様に、女性にも加齢臭というのが 普通にあることや。 どうしてそれが出てくるのかという原因論的な 事を中心に書きました。 今回は、 …

最近のコメント