一歩(いっぽ)ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

社会生活

ローンのシミュレーションとそれをする時の注意点。

投稿日:

キャッシングや小口のローンを利用する場合や、
あるいは、大口の自動車ローンや住宅ローン
を利用する場合もあるでしょう。

そういうときには、事前にシミュレーションを
してから利用することが賢明なやり方です。

どうしてそうした方がよいのかわかりますよね?

今回はその事について書いてみました。

スポンサーリンク

1.ローンのシミュレーション

キャッシングの返済に行き詰まらないよう、
事前にシミュレーションをすることで
どのようにしてお金を返すか見通すことが
可能です。

最近では、様々な手段でキャッシングや
ローンが利用できます。

銀行やノンバンクからの貸付、ショッピング
で使うクレジットカードなどもあります。

利息がいくらか、毎月の返済額はいくらかを
把握することが重要です。

一生のうち何度かは、車や住宅など高額の
買い物のために大口のローンを利用する
機会もあります。

金利や返済方式によって、1ヶ月当たりの
返済金額は異なります。そのため、手続きを
行う前にシミュレーションをしておくことが
大事になります。

シミュレーションと言ってもそれほど難しい
ことではありません。

近年では、ネットのシミュレーションサイト
などで簡単に試算をすることができます。

借入金額に応じた返済金額や金利に基づく利息
の合計が手軽に算出可能なシミュレーション
サイトがある金融会社のホームページもあります。

借りた金額に対し、金利や完済までの期間を
打ち込むことで、月々幾らずつの返済になるか
をシミュレーションで算出します。

ローンは借り入れ金額や返済期間によって
支払い金額もずいぶんと変化します。

自分にとって無理のない返済計画とはどのような
形になるのか、条件を変えてシミュレーションを
することで有効にローンを利用できます。

2.ローンのシミュレーションの方法

ローンの計算は、様々な条件が相互に関わり
あっているため、シミュレーションが欠かせま
せん。

とはいえ、住宅ローンのような大口の融資は、
一人ではシミュレーションのしようがないと
思いがちです。

ネット上には、そういった人のためにシミュレー
ションのサイトがあります。

キャッシング会社のサイトから探してみると
いいでしょう。

ローン会社の中には、シュミレーションの依頼に
応じて完済までの見通しをプラン表にして作成
してくれるところもあります。

金利や返済の条件については、ローンを取り
扱っている金融会社ごとに違う部分があります。

インターネットを利用してシミュレーション
する場合もあるでしょう。

シミュレーションを行う時は、実際に借りようと
考えている会社のものがいいでしょう。

スポンサーリンク

事実にできるだけ近い条件でシミュレーションを
行う方が、実際的な数字が算出できます。

特にローンの中でも分割で支払う場合は、ぜひ
事前にシミュレーションを行ってみてください。

キャッシングを利用する場合は元利均等式という
計算式で、月々の返済金額を算出します。
月々の支払い金額が一定という特徴があります。

返済金額の中の元金と利息の割合や、金利に
基づく利息の増え具合など、おおまかなイメージ
だけでは思い描ききれません。

シミュレーションを使えば、変動金利制の融資を
受けている場合でも、どんな返済プランになるか
がわかります。

3.ローンをシミュレーションする際の注意点

ローンやキャッシングを利用する時は、返済に
ついてシミュレーションをしておきましょう。

あらかじめインターネットのサイトなどを利用
してやってみましょう。

いくらの金額を借り、何カ月で返済を終わらせたい
かを打ち込みます。

毎月幾らずつ返していけばいいかを、シミュレー
ションで知ることができます。

シミュレーションを実行する前に、事前にチェック
しておきたいことがあります。

カードローンやキャッシングでは、返済日が金融
会社の営業日になっていない時に、日がずれたり
変更することがあるようです。

専用のローンカードではなく、クレジットカードで
キャッシングをしている人も増えているようです。

仮に10日後には返済するつもりでいても、実際の
口座から引き落とされる日があらかじめ設定されて
いる関係で、翌月扱いになることもあります。

シミュレーションサイトで事前に確認にした金額と、
実際に請求される金額が、違ってくることもある
ので注意が必要です。

住宅ローンは、返済にかかる期間だけでなく、
頭金や金利の変動も関わってきますので、完全に
シミュレーション通りとはいきません。

住宅ローンの場合は、金利を変動にするか固定に
するか、その両方にするかでも違います。

住宅ローンのシミュレーションでは、数多くの
諸条件を加味しなければ誤差が大きくなって
しまいます。

まとめ

今回はいかがでしたか?

できるならば、お金は借りたくないものですが、
どうしても必要に迫られてということも時には
ありますよね。

そういう時にはしっかり事前にシミュレーション
してから利用することが大切であることが
お分かり頂けたのではないでしょうか。

記事を参考にされて、これからは上手にお金を
借りて下さいね。

スポンサーリンク

-社会生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

浴衣の選び方に悩んでいる方へ。年齢や体型による選び方。予算は?

スポンサーリンク これから暑くなって、夏になると花火大会や 夏祭り、縁日など、夏の行事が増えてきます よね。 そんなときに、女性で浴衣を着て出かけようと 思われる方も多いと思います。 そのような方のた …

おまとめローンとは何か?その審査と注意点について。

スポンサーリンク おまとめローンというような言葉を聞いた ことがあるでしょうか? いくつもの金融機関からローンの借り入れを している人向けのローンと言うことができる かもしれません。 ただそこにはいく …

クレジットカードとカードローンの注意点は何か?

スポンサーリンク クレジットカードは、現金をたくさん持たなくても いいという反面、紛失したらいろいろ問題が起きたり、 いい事ばかりではありません。 その他、ついつい使いすぎてしまって、あとで 支払いが …

歓迎会に出席する際の服装や挨拶は?知っておくべきマナーとは?

スポンサーリンク 新年度が始まって、新入の社員や職員など フレッシュマン、フレッシュウーマンが 出勤する季節ですね。 そして、そういう人たちに待ち構えている のは「歓迎会」というセレモニーです。 何し …

融資の審査と審査基準とは?また借り入れする際の利息について。

スポンサーリンク 今回は融資の審査とということについて 書いてみました。 急な出費や家族のイベント、あるいはクルマの 購入などで融資を受けたいと思うときも多く あるのではないでしょうか? そういった融 …