一歩(いっぽ)ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

社会生活

人材派遣会社とは何か?その仕組みと有効活用について。

投稿日:

人材派遣会社という言葉は、ここ数年よく聞く
言葉になって来たように感じます。

正規雇用の社員や、職員が少なくなる中、
パートやアルバイトと同様に、派遣社員も
増加傾向にあるようです。

その派遣社員を派遣するのが、人材派遣会社
なのです。

今回はその派遣会社について書いてみました。

スポンサーリンク

1.人材派遣会社とは?

最近派遣会社での仕事は話題になっている
ことが多いようです。

就職を正社員ですることが難しくなっている
現代社会では、派遣社員での雇用がそれとは
逆に多くなってきています。

正規雇用の社員とは異なるものが、派遣社員
というものです。

同じ会社で働きながらも、賃金や福利厚生の
体系はあくまでも派遣会社からの条件に基づく
ものです。かなり異なるのがその内容です。

企業と派遣社員との間には、ふつう仲介に人材
派遣専門の会社が入り雇用を成立させている
ようです。

ふつう人材派遣会社は登録制度となっています。
求人をしている企業への仕事を斡旋するために、
仕事がほしい登録者から希望やスキルなどを
確認します。

派遣社員として登録者と条件があえば会社へ
赴き、仕事を契約期間中はしてもらうのです。

求職者と求人企業との雇用をよりスムーズに
行う仲人的な存在が、人材派遣会社です。

派遣会社からの斡旋は、あくまでも契約期間の
限られた派遣社員での雇用となります。

事前によく確認して、納得の上で派遣社員
として働くことが、正社員としての就職とは
違う面が多々あるので重要となります。

派遣社員は世間では正社員よりも条件が悪い
といわれることが多いようです。

近頃は就職難ということもあるでしょう。現状は
派遣会社からの派遣で働くことすら大変になって
おり、登録者は毎年のように増えているという
ことです。

2.人材派遣会社の仕組み

派遣会社に派遣社員として登録することは、
ひとつの就職先が見つからない場合の選択肢
だといえるでしょう。

働く企業ではなく、実際には登録する人材派遣
会社と派遣社員は雇用契約を結ぶことになる
でしょう。

正規雇用の社員とは決定的な違いが出てきます。
派遣社員で働く場合、賃金はその仕事を斡旋した
派遣会社から支払われます。

派遣会社のルールに則る形になるのが、福利厚生
の基準です。

多くの場合、正規社員よりずいぶんと不安定な
条件で仕事をすることになるようです。

不安定さがクローズアップされ、最近では社会
問題としてよく耳にするようになりました。

あくまでも派遣社員は契約による雇用のため、
仕事は契約期間が終わった段階でなくなって
しまいます。

スポンサーリンク

会社側からすると、正社員よりも少ない賃金で
雇用ができ、人材がより便利に効率よく補充
できることになります。

人材確保の利便性からも、派遣社員の活用は年々
増加しているのです。

さまざまな雇用制度の改正により、今現在では
派遣での労働は最長で3年です。3年を期限に
派遣としての雇用は打ち切りになります。

その人が優秀な人材の場合は、会社側がそれ
以降も正社員として雇用し続けることも不可能
ではありません。

一つの方法として、正規社員の道を目指してみる
ことを目標に、まずは派遣社員として仕事を
始めてみても良いでしょう。

3.人材派遣会社の有効利用

人材派遣会社は大手から、地元に密着している
小規模なものまで数多く存在しています。

働きたい人を企業に斡旋し、契約が成立する
ことで、初めて利益が上がる仕組みが、人材
派遣の仕事というものです。

ほとんどの派遣会社への登録は無料となって
いるようです。

今仕事を探している人はとにかく登録を大手の
人材派遣会社にしておくのも良い方法です。

おすすめなのはサイトを活用することで、
最近はインターネットなどでも気軽に人材
登録できるようになっています。

できるだけ細かく自分の希望やスキルを書いて
おくことで紹介してもらえるのが、自分の
条件により合った会社なのです。

はじめは派遣社員での雇用でも、働きぶりが
派遣先の会社に認められることで、正規社員
としての再雇用もであるかもしれません。

派遣社員から正規雇用への移行を増やす企業が、
特に最近は社会的な批判もあってか多くなって
きています。

せっかくの正規雇用への機会を逃すことのない
ようにしましょう。

再就職先を探すまでのつなぎとしても、派遣
社員は働く期間が限られている分活用できる
でしょう。

本当にやりたい仕事があり、その求人を待って
いる人もいるようです。

派遣社員としてパートやアルバイトと同じ
ように働いているケースも案外多いようです。

派遣会社によっては、セミナーやさまざまな
相談会などを行っているといいます。

派遣会社のセミナーに参加してみることで
再就職へのヒントにもなるかもしれません。

まとめ

今回はいかがでしたでしょうか?

正規雇用の社員にはすぐになれなくとも、派遣
社員となって働き、その働きが認められれば
正規雇用の道も開ける場合もあるようですね。

今回の記事を参考に、仕事を見つけたいと
思う方は、派遣という選択肢もあることを
理解して、就職のヒントにして下さい。

スポンサーリンク

-社会生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お金を借りる方法やコツ。消費者金融を利用する時の基本など。

スポンサーリンク 5月の連休も終わって、やっと通常の生活 パターンに戻ってきた感じですが、あなたは いかがでしょうか? さて、今日のテーマはお金の借り方や、 お金を借りるコツについて書いてみました。 …

クレジットカードとカードローンの注意点は何か?

スポンサーリンク クレジットカードは、現金をたくさん持たなくても いいという反面、紛失したらいろいろ問題が起きたり、 いい事ばかりではありません。 その他、ついつい使いすぎてしまって、あとで 支払いが …

就職のためのガイダンス。学校、企業が行う就職ガイダンス。

スポンサーリンク 今回は就職ガイダンスについての記事を 書いてみました。 就職活動もだんだんと佳境に入ってきて います。 自分が入社したい会社はどんな会社なのか など、会社が主催するガイダンスがあれば …

ローンのシミュレーションとそれをする時の注意点。

スポンサーリンク キャッシングや小口のローンを利用する場合や、 あるいは、大口の自動車ローンや住宅ローン を利用する場合もあるでしょう。 そういうときには、事前にシミュレーションを してから利用するこ …

女性専用キャッシングやレディースローンを利用する時の注意点

スポンサーリンク 女性の社会進出が増えたことによって、いわゆる 消費者金融なども女性にターゲットを絞った キャッシングやローンを取り扱うようになって きています。 いわゆるレディースキャッシングとかレ …