一歩(いっぽ)ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

社会生活

無利息ローンとは何か?それを借りるための条件や注意点は?

投稿日:

無利息ローンという言葉は聞いたことがありますか?

無利息でお金が借りられるとは、非常に便利な気が
しますが、あくまでも短期での借り入れである事を
忘れないで下さい。

何ヶ月も無利息で借りていられる分けではなく、
借入期間が過ぎると、今度は逆に高い利息の適用が
されることが多いようです。

今回の記事を参考にして、上手な利用をしてみて
下さい。

スポンサーリンク

無利息ローンとは

利息0円で、借りたお金と同額を返せばいいだけの
無利息ローンが人気です。
無利息でのローンができるのですから便利な話です。

利息無しで融資を受けることができれば、給料日
前の財布が心許ない時でも、急な出費が起きても
対応することができるでしょう。

どうして、無利息ローンという商品ができたの
でしょう。

無利息ローンは金融商品の中でも目玉商品のような
もので、とにかく多くの人にローンを利用して
もらいたいというものです。

今までローンを使ったことがない人なら、金融
会社から融資を受けるという行為そのものに
ちゅうちょしてしまいがちです。

ローンに関心はあるけど気が進まないという人が
申込みやすくするためのものです。

無利子でローンを組んでもらうことで少しでも
利用しやすいように窓口を広げているのです。

案外多くの人が、ローンやキャッシングの存在は
知っているけど、できるだけ近寄らないように
しようと思っているようです。

無利息ローンを最初の足がかりに、以後は何か
きっかけでローンを使ってくれる顧客を獲得する
ことをローン会社は望んでいます。

無利息ローンは、いつまでも無利息でお金を借り
られる訳ではなく、当然無利息の期間は決まって
います。

最初の一回に限り無利息というローンや、回数
による無利息ローンが多いと言われています。

無利息ローンの条件

ローン会社によって、無利息でのローンが組めるか
どうかは差があります。

金融会社の提示する無利息ローンの条件を理解
してから、ローンの申込みをしなければならない
でしょう。

必ず条件として設定されているのは、ローンが
無利息である期間です。

ローンの無利息期間は、10日、7日、1ヶ月と会社
によってそれぞれ定められています。

7日以内が条件の無利息ローンを利用した場合、
借りてから7日以内に全額返済します。

ただし、規定の日数以上借りていた人は、金利に
基づく利息も返さなければなりません。

無利息ローンの条件として、新規の申し込みに限る
という金融会社も少なくありません。
客層を増やすために無利息ローンは作られました。

スポンサーリンク

これまでローンを使ったことがあり、既にローン
カードを持っているという人なら、無利息ローンは
難しいでしょう。

無利息ローンは原則的に新しい客に向けた商品ですが、
場合によっては誰でも無利息ローンが利用できる
こともあります。

キャッシングでは担保や保証人がいらないことが
珍しくなく、無利息ローンもその1つですか、
まれに保証人や担保がいる場合があるようです。

無利息ローンを使う予定がある人は、どのような条件
であれば無利息でローンができるかなどを予め
チェックしておいてください。

無利息ローンの注意点

無利息ローンを利用する時は、何日間が無利息なのか
をまず確認しましょう。

無利息ローンの借り入れ日数は、ローン会社によって
差があります。

通常無利息の期間を過ぎると、利息は高めに設定
してあるところが多いようです。

給料の前借り感覚でほんの数日お金を借りていたい
という人は、一週間や二週間の無利息ローンが使い
やすそうに感じます。

決まった日数以内の返済ができないと、逆に高い
金利で利息が付与されてしまうことは覚えて
おきましょう。

無利息ローンを利用する際にくれぐれも注意して
おきたいことがあります。

今までローンとは縁遠かったのに、無利息ローンを
使ってからはついつい借りてしまうことがあります。

キャッシングなどもそうですが、簡単にお金が
借りられる為、借金をしているという感覚が鈍く
なってしまう事があります。

無利息ローンもキャッシングも、お金を借りている
わけです。

借りたお金という事実を重く受け止めて、全額返す
までの段取りを決めてからローンを使うように
しましょう。

基本的に無利息ローンは、銀行系、信販系、消費者
金融など全ての金融機関で実施されている訳では
ありません。

申込みをしてみたところ、そのローン会社では無利息
での貸付をしていなかったということも考えられます。

申込み前に貸付条件をよく確認しておいてください。

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

このローンもキャッシングと同様に簡単にお金が
借りられるので、気を許してしまいがちですが、
借金には変わりありません。

借りたお金は、返さなくてはいけませんので、
CMにもよくあるように、計画的な利用が求められ
ることに十分気をつけて下さい。

スポンサーリンク

-社会生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おまとめローンとは何か?その審査と注意点について。

スポンサーリンク おまとめローンというような言葉を聞いた ことがあるでしょうか? いくつもの金融機関からローンの借り入れを している人向けのローンと言うことができる かもしれません。 ただそこにはいく …

お中元を贈る時期はいつがいい?予算や贈るときのマナーは?

スポンサーリンク 6月頃になると、デパートや量販店などで お中元のキャンペーンが始まりますよね。 でも、実際に贈ろうとしたときに、相手方に いつ頃届くように贈った方がよいのか あまりよくわからないです …

仕事とやりがい。自分に向いた仕事、向かない仕事。

スポンサーリンク 今回は仕事とやりがいについて、そして自分に 合う仕事、合わない仕事とはどのようなものか ということを書いてみました。 最近では、せっかく世間的にはよいと言われて いる会社などに就職し …

就職のためのガイダンス。学校、企業が行う就職ガイダンス。

スポンサーリンク 今回は就職ガイダンスについての記事を 書いてみました。 就職活動もだんだんと佳境に入ってきて います。 自分が入社したい会社はどんな会社なのか など、会社が主催するガイダンスがあれば …

銀行系キャッシングのメリットや注意点などについて

スポンサーリンク 最近はいろいろな金融機関で、キャッシング という名の下で、簡単にお金を借りられる ようになりました。 銀行のATMに行っても、簡単に借りられる カードローンやキャッシングがいろいろと …