一歩(いっぽ)ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

FXトレード関係

FX初歩からの学び直し-39、ミスターマーケットを心の目で見る(1)

投稿日:

今回と次回はミスターマーケットを見る目
についての学びです。

ミスターマーケットというのは、本当につかみ
どころのないものです。

しかしながら、高い勝率を維持し続ける
トレーダーは、このミスターマーケットの
ことをよく知っているのです。

私たちはまだまだ知らない。
その差が、勝率や利益の差になって表れて
いることを知らなくてはいけません。

ミスターマーケットのことをもっともっと
しっかりと理解してゆきましょう。

スポンサーリンク

ミスターマーケットを心の目で見る①

*時間単位当たり収益率について
・値幅÷時間

* 調整後値動きについて

* 流れに沿いつつロスカットさせないラインについて

* どこで止まるかを勝手に決めず流れについていくことについて

伸びている時に遅いのかまだ十分早いのかについて考えて
いたら永遠に答は出ない。

・まずは まだ間に合うという前提乗って 、かからないはずの
ロスカットを設置し、一度かかった時に目を覚ませば十分
(あるいは別の節目を設定して目を覚ます。逆に言えば目が
覚めるまでは乗る)

・なぜなら、早いか遅いかを論じていたら、常にその疑問から
トレンドに乗れなくなるためである。

できるだけ時間単位当たり収益率を高めて
ゆく事が必要になってきます。

ミスターマーケットを心の目で見る②

*次の展開を必ず常に考える。

・自ずと調整波で積極的に入ることなる

調整波であるということは、逆張りになるため、
さらに以下どこまでならロスカットされないかを
考える。

また、半歩待ってもっと調整が進むことも疑う

ロットを3分割して、調整中に1、過度な調整で1、
さらに転換の型で1を追撃する。

*機能しているラインをいつも見つけようと努力する
・どのテクニカルがよりよく機能するかはその都度
違う(ただし大抵よく機能するもののある)
・そこで、どれが今機能しているかを瞬時に把握する。

調整しているときに、積極的に入ることによって、
より有利なポジションが取れるということでしょう。

ミスターマーケットを心の目で見る③

*トレードはいつも仮説に過ぎない。

・ならば、より正しい対処を身に付けることが第一
・どこまでならリスクを取れるのか
・どこを超えたらもうリスク取れないのか(その後の
展開など関係ない、そこを超えたら何があっても
撤である)
・決めた3ラインに結論が出るまで画面を閉じぐらいの
時間経過をさせよ
・さらに、いつも仮説にすぎない仮説がよく当たるよう
になるためには、一つ一つの値動きの場面を頭に叩き
込め。値動きの類型などごくわずかしかない。数ヶ月
もあれば十分に全て頭に入る

スポンサーリンク

トレードというのは、いつも仮説でしかなく、そうで
あれば、数少ない値動きのパターンを頭にたたき込む
事によって、仮説がよく当たるようになるということ
でしょう。

ミスターマーケットを心の目で見る④

*変化が生じるまで変化を勝手にあなた都合で決めつけるな

変化が生じて初めてこちらの打ち手を変えよ
・ゴールド(トレンが真っすぐ)、シルバー(行き過ぎを
調整、乱高下、ここで初めて変化)、ブロンズ(シルバー
になった後は値動きが収縮する 、その中レンジ)そして
やがて次のゴールドがやってくる。

*相場はたいて我々の想定の範囲外の動きをする

値動きが静かで今日は動かないと思うと動く
・今日は期待できると思うちょ動かない
行き過ぎだと思うさらに行く
そろ下がるでしょと思うと張り付いて下がらない
我々の心理をあざ笑うかのように動くので、
こちらも常識論や人間感覚に従うわけにはいかない

最初から相場は想定外の動きをすることが多いという事を
しっかり認識しておくべきだと言っているのでしょう。

自分の思い込でトレードしてはいけないということです。

ミスターマーケットを心の目で見る⑤

*今見ても意味がないものを捨てよ

相場の世界は見ようとすれば材料、テクニカル、
無限にある。
・しかし材料のほとんどは短期的に意味がないし、
テクニカルもいくら乖離0の収斂状態を眺めても
無意味なのだ。材料は大物の節目で、乖離は離れて
こそ意味がある

*相対的に有利な位置を見出すことはライバル投資家を
出し抜く術である

上昇中により低い位置を取れることは以後の心理状態、
押し目など全ておいて優位に立つ

*入るときは躊躇するな
エントリーをしないと勝ちもまたない、大切なことは
ロットを下げれば良いだけ、それで全て治癒される

*シナリオは全て描け
相場における値動きのパターンなどごく少数、それを
全て描き、全て想定内でなければならない

自分に中でしっかりとシナリオを描いて、決めたら躊躇
なく、果敢にエントリーをすべきで、大事な事はロットを
小さくすれば、リスクも小さくなる、このことを忘れない
ようにすべきだということのようですね。

まとめ

今回はいかがでしたか?

ミスターマーケットのことはなかなか理解できないかも
しれませんが、経験を積むことによって、少しずつ
その性格がわかってくるのかもしれません。

どんどん経験を積んで、経験値を上げこのミスター
マーケットを理解できるように成長してゆきましょう。

スポンサーリンク

-FXトレード関係
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

FX初歩からの学び直し-36、常勝戦略とスリッページ回避策

Businessman stepping on banana skin スポンサーリンク 今回は、FXの常勝戦略とスリッページ対策 について学びました。 相場に常勝などはありません。 100%勝ち続け …

FX初歩からの学び直し-33、トレード実務

3月からの講座も修了し、これから復習に入ろう と思っているところですが、時間が経つと やはりいろいろと忘れていることも多いです。 焦らずに、着実にしっかりと学び続けて、 少しずつでも進歩し続けてゆきた …

FX初歩からの学び直し-30、NYオプションカット

スポンサーリンク 今日はNYオプションカットについてです。 NYオプションカットとは、何となくわかるようで わかりにくい用語です。 今回の内容をしっかり頭に入れて、トレードを すれば、いろいろ有利なこ …

FX初歩からの学び直し-9、絶好球を見逃さない

スポンサーリンク FX初歩からの講座9回目となります。 今回は短期トレードを行っていく上での 考え方について学びます。 ある意味「マインドセット」的なものに なるかもしれません。 しかし、これは非常に …

FX初歩からの学び直し-6、エントリーと材料相場(1)

スポンサーリンク FX初歩からの講座6回目となります。 3月10日(金)には材料で大きなインパクトの あるアメリカの雇用統計の発表がありました。 予想よりはよかったものの、実際の相場は 転換点を迎えた …