一歩(いっぽ)ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

社会生活

住宅ローンの税額控除。申請の仕方やローン控除の注意点について。

投稿日:

今回は住宅ローンの控除についてです。

住宅というのは、よく言われるように人生で一番
大きな買い物です。

その分長い間にわたってローンを返済していかなければ
なりませんので、その分税金が少しでも安くなる事は
だれでも望むことでしょう。

今回の記事を参考にされて、最近住宅を建てたあるいは
購入したという方は、少しでも税金が安くなるように
手続きをしてみて下さい。

スポンサーリンク

住宅ローンの税額控除

無駄な出費を抑えることが出来るので、住宅ローンの
税額控除について知っておけば非常に得することに
なります。

多くの人が家やマンションを購入するとき住宅ローンを
支払いに利用するのではないでしょうか。

民間のローン会社から公的なものまで、独自の住宅
ローンを提供しているようで、一口に住宅ローンと
いっても形態は実にいろいろあります。

新居を購入することができるのは、ローン申込みの
審査を終え、無事に融資が決まり、支払いのめどが
立った場合です。

住宅ローンの税額控除を、住み始めたその年はぜひ
申請するべきです。

国からのうれしい配慮で、ローンで新しく家や
マンションを購入した人の税金を控除して、少しでも
負担を軽くするというものです。

確定申告を、条件さえ整っていれば、必要な書類を
そろえて行いましょう。

所得税の金額から、直接税金を控除することが、
新居に住み始めた年からできるようです。

今は借入残高の5千万円以下の部分に対して税額を
控除できるようで、ここ数年住宅ローンの税額控除の
基準が変わったといいます。

10年間で最大500万円分が所得から控除する
ことができる金額で、税金の支払いがその分だけ
少なくすむといいます。

認定長期優良住宅であったり、認定省エネ住宅に
住んでいる場合は違いますが、控除率は1%と
なっているのが一般住宅です。

上がる場合もあるのが、控除の対象になる借入金
残高の限度額で、居住年によっては控除率が上がる
こともあるでしょう。

住宅ローン控除についても住宅ローンの選択
だけでなく調べておくことをおすすめしたいのは、
これから住宅を建てようとしていいる方たちです。

10年間に及べばかなりの金額になりますので、
家を購入する際に借り入れた金額からしたら微々たる
ものかもしれませんがあなどれません。

住宅ローン控除をしっかり申請して、税金から
確実に控除してもらいようにしましょう。

住宅ローン控除の申請について

申告制なので自ら申請しない限り、税金を控除して
もらうことはできないのが、住宅ローンの税額控除
というものです。

新居に住み始めた次の年の3月15日までに必要書類
をそろえ、確定申告する必要が、住宅ローン控除に
該当する場合にはあるようです。

住宅ローン控除を申請する場合には、準備を予め
しておかなければならない書類がいくつかある
ようですので注意して下さい。

最初に金融機関でローンを借り入れているところが
発行する年末借入金残高証明書が必要です。
ローンの残高を証明することができるものです。

源泉徴収票という給与など所得を証明するための
も必要です。さらに、家の登記簿謄本か抄本も
これに加えて用意します。

あとは工事の請負契約書と、購入した証明の売買
契約書の写しも必要となります。

スポンサーリンク

住民票も忘れてはいけない大事な書類です。住民票を
基準に新居に住み始めた日を決めるのが、住宅ローンの
控除です。

税額控除が受けられる年も、住民票の登録日によって
異なるものです。

会社から給与をもらっていることが、いわゆる
サラリーマンという場合があるでしょう。

毎年それで税額控除を受けることができますので、
2年目からはローン会社からの残高証明書を年末調整の
際に添付しましょう。

いくら控除額が多くても所得税以上は使えないのは、
控除の税額は所得税の金額が上限になるからです。

注意が必要なのは、控除金額は、控除できる金額が
20万円であってもその年の所得税が15万円であれば
15万円になり差額を翌年には繰越しできないと
いう事です。

住宅ローン控除の注意点

金額が大きい為毎月の返済も大きな負担になっている
人も、住宅ローンを組んでお金を借り入れしている
場合には多いのではないでしょうか。

少しでも負担が軽くなる住宅ローン控除は、住宅ローン
を支払う人にとって、非常にありがたい制度だと
いえます。

恩恵を受けるためには条件がいくつかあるといいます。

ひとつはローンの返済期間が10年以上というものです。
場合によっては住宅ローンの繰上げ返済をすることも
あるので注意が必要です。

早くローンを終わらせたいからと、繰り上げ返済を
途中ですることがあります。

10年より残りのローンの返済期間が短くなってしまうと
受けられなくなるのが税金の控除なので、注意しなければ
なりません。

50平方米以上家屋の総床面積がないと、所得税の控除
対象にはなりませんので、住宅ローン控除の対象となる
住居の大きさにも規定があるようです。

大きさが足りないことがあるので、ワンルームマンション
などは気を付けなければなりません。

広告などに掲載されている占有面積と実際の床面積が違う
ケースも分譲マンションを購入した場合にはあるので、
確認をあらかじめしておいたほうが良いでしょう。

床面積としての実際の計測が、住宅ローンの減税制度を
利用するためには基準になっています。

部屋の大きさがよくわからない時には、不動産会社に
しっかり確認を取る方がよいでしょう。

とても重要なのが住居の入居日です。家を購入しても、
住宅ローンの控除は住民登録されていない限り申請
不可です。

住宅ローンの返済が始まっても一度確認してみることを
おすすめしたいのは、以下の点です。

すなわち、住宅ローン控除は、新築住宅だけではなく、
バリアフリー改修工事や省エネ改修工事をした場合でも、
適用される場合があるというところです。

忘れずに確認しておくことをおすすめ致します。

まとめ

今回はいかがでしたでしょうか?

家を建てたり、家やマンションを購入したりする時に
住宅ローンは大抵の方がお世話になるローンだと思います。

そのローンの控除について今回は書いてみましたが、
折角借りる事がができるのならば、当然税額控除も
適用してもらいたいものですよね。

書類準備の注意点をよく読まれて、控除が受けられる
ように頑張って頂きたいと思います。

スポンサーリンク

-社会生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

女性の転職と資格について。女性が転職に有利な場合と不利な場合。

スポンサーリンク 今回は情勢の転職という問題について書いて みました。 終身雇用制度が崩壊して、同じ所に一生働く ということはなくなってきました。 女性の場合は特に、出産という大きなイベントが あると …

人材派遣会社とは何か?その仕組みと有効活用について。

スポンサーリンク 人材派遣会社という言葉は、ここ数年よく聞く 言葉になって来たように感じます。 正規雇用の社員や、職員が少なくなる中、 パートやアルバイトと同様に、派遣社員も 増加傾向にあるようです。 …

お月見はいつするの?十五夜と十三夜の違いや月見団子の由来は?

スポンサーリンク お月見という言葉はなんとも風情を感じてよいと 思いますが、あなたはいかがですか? まん丸いお月様を見上げながら、美味しいお酒を 飲んだり、あまいお団子を食べたりと、なんとも 日本人的 …

お金を借りる方法やコツ。消費者金融を利用する時の基本など。

スポンサーリンク 5月の連休も終わって、やっと通常の生活 パターンに戻ってきた感じですが、あなたは いかがでしょうか? さて、今日のテーマはお金の借り方や、 お金を借りるコツについて書いてみました。 …

クレジットカードと海外旅行。海外旅行におすすめのカードとは?

スポンサーリンク いまやクレジットカードは、多くの人が所有する 持ち物になりました。 しかしながら、その使い方を間違えると非常に 面倒なことや、危険なことになるということを あまりわかっていない人も多 …

最近のコメント