一歩ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

FXトレード関係

FX初歩からの学び直し-20、手法(トレードロジック)の意味を知る

投稿日:

このところ、長い勝負が続いています。

逆張りで、待ち構えていて(主に売り)
エントリーにかかったと思ったら、
そのまま突き抜けるパターンがとても
多いのです。

このパターンをしばらくやって、あまり
成績がよくないのであれば、順張りの
イフダンをやってみようと考えています。

スポンサーリンク

手法(トレードロジック)の意味を知る

*エントリー、ロスカッに絡めて手法という
もの考え方をご紹介していく。

*どんな場面にも100%的中するトレード
ロジックはないものの、相場種別よって
適合的なトレードロジックは常に存在して
いる。

*問題は、いつでも通じる聖杯を探すことでは
なく、その時々で適応ロジック変化させる
とうこと。

*ただ、いずれにせよトレード手法の正しい
姿にはエンリー条件、エグジット条件がある。

*つまり、どういう時に入り、どういう時に
抜けるのか、ということ。

確かにどういう時にエントリーして、どういう
時にエグジットするのかは重要です。

特にエントリーは何にも増して、重要という事
なので、もっとよく研究して自分のものに
したいと思っています。

エントリー条件

*オファーを受ける条件、 企業買収する時の条件
不動産投資する時の条件、メディアに露出する時
の条件 、広告出稿を行う時の条件など、ビジネ
スの世界では、もしこ前提が揃うのであれば、
やる、という風に条件思考は当然である。

*逆に、この条件思考が整っていな人は、ビジネス
で大き結果を残すことあり得ないし、安定した
結果を出し続けることもない。

*よく考察してみると、条件の規律を明確にし、
それにそって行動している人ほど長期に
わたり何度でも、かつ、大きな結果を出して
いることがわかる。

*また、一般の人間社会においても、結婚相手に
求める条件、友達になる条件、旅行先として
選ぶ条件、移住先に求める条件など、実際私たち
のほとんが思考には触れているが、これを明確に
していくことで、ビジネス、投資、人生は上手く
いく。

なるほど、何事もこうなったらこう行動すると
決めておけば成功する確率が上がるのかもしれ
ません。

明確なルールを自分でしっかり決めないと
いけないようです。

エグジットの条件

*エグジット条件とは、読んで字のごくポションの
出口を規定すること。もしこうなったら利食いする、
損切りする、というその条件を指す。

*実はこれもビジネス、人間生活において既に我々
がよく触れている考え方なのだ。

*例えば、ドバイがタックスヘブンでなくなれば
ドバイを出る人もいる。これもエグジト条件です。
恋人が浮気をしたら別れると決めている人や恋人
が犯罪を犯すようになったら、あるいは思やりの
ない言動を取るようになったら別れると決めて
いる人もるはず。

スポンサーリンク

逆に、3年間同棲したら結婚と決めている形で
ハッピーエグジットを規定いる人もいるはずです。
当然これを決めていない人はずるずるいく。
エグジットしないことは、+側面でも-側面の
場合でも、どちらにおいても、不幸る。

*エグジット条件について、ビネネスにおいても
人生においても決めない人は無駄な時間を徒過
したり、損失を拡大することになます。
せっかくのタイミングを逃すことにもなる。

*これはドライだと批判さるべき考え方でなく、
まず間違いありせん。

*エントリーすると同時にエグジッッ条件が
決まっていることがベストである。。

エントリーと同様にこのエグジットも重要なの
だが、なかなか人はエグジットができないのだ。

勝ちも反対の負けもなかなか決めたがらない。

エントリー条件について考察する

*最も有名なエントリー条件はブレイクダウンや
ブレイクアウである。何等かの設定したポイント
をを割った時、超えたときににエンリーする。

これはトレードの世界で常に一定の合理性を
持つ手法である。とてもシンプルだが、ブレイク
アウトやブレイクダウンを活用せずしてトしードの
世界を渡ることは不能である。

*なぜなら、例えばゴールデンクロスやデッドクロス
など〇〇を超えたら買う、〇〇を割ったら売る
というのは、結局ブレイクアウト、ブレイクダウン
をカスタムジケーターに応用した場面に過ぎない
からである。

また、 RSI が〇〇になったら買う、〇〇に
なったら売るといのも RSIに対してブレイク
アウト、ブレイクダウンの考え方を応用いる。

*つまり、テクニカル相場の世界とは全てブレイク
アウト、ブレイクダンの派生である。

やはり、規定大底、規定天井は相場における
重要なポイントで、毎日必ずチェックしておく
必要がありそうです。

エグジット条件を考察する

*エグジット条件には2つある。TPとSLである。
どうなったら利食いをする、どうなったら損切
をする。エグジットについては、単純エントリー
の反対条件が出たら、とする場合とそうでない
場合とがあり、つまり常にブレイクアウト、
ブレイクダウンダンの派生は言えない。

*さらに、PIPSで固定制御する方法もある(ただし
これは相場の状況を反映した最も合理的な考え方
ではない)

*今後、 エグジット条件と言った場合にはTPとSL
を分けて考えること。これが結果的に利食いや
損切を教えるというこになる。

*乖離でTPエグジット条件を決める考え方と、反対
条件が出た場合にSLエグジット条件を決める
考え方がある。

エントリーとエグジットはとにかく大事です。
悩まずにサクサクと意思決定をしていきましょう。

FXに復帰してから1月半になります。
とにかくまずはエントリー、の達人になれる
くらい、練習したいものです。

スポンサーリンク

-FXトレード関係
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

FX初歩からの学び直し-25、世界の時間を意識する

スポンサーリンク 今年のGWも今日が最終日。 私の場合は、暦通りの仕事でしたので、 連休は何となく始まって、何となく 終わってしまった感があります。 何はともあれ、今のところは平穏無事で この連休を過 …

FX初歩からの学び直し-22、ピボット(PIVOT)

スポンサーリンク 一昨日は週明けで、フランス大統領選挙の 影響なのか、上方に大きな窓を開けて 相場がスタートしました。 多くの場合には、この窓を埋めようとする 動きが出るようなのですが、昨日は 窓を埋 …

FX初歩からの学び直し-40、ミスターマーケットを心の目で(2)

スポンサーリンク 前回に続いてミスターマーケットを見る目 についての学び-その2です。 前回の記事でもミスターマーケットの事は 書きましたが、なかなか捉えどころがなく いまだに上手く理解できていない方 …

FX初歩からの学び直し-37、スキャルピングと短期波動

スポンサーリンク 今回は、スキャルピングと短期波動という テーマについて学んでみました。 以前は単純に何回も、次から次へと取引のできる スキャルピングに感動して、調子に乗って 何度もエントリーして、挙 …

FX初歩からの学び直し-9、絶好球を見逃さない

スポンサーリンク FX初歩からの講座9回目となります。 今回は短期トレードを行っていく上での 考え方について学びます。 ある意味「マインドセット」的なものに なるかもしれません。 しかし、これは非常に …

最近のコメント