一歩(いっぽ)ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

FXトレード関係

FX初歩からの学び直し-19、SLにかった後こそ重要

投稿日:

今回もマインドセット的なことを
いつか学びます。

特にストップロスにかかったあとの事
については重要です。

とにかく少しずつ、着実に今は知識を
増やす時期です。

では今回もしっかり学んでゆきましょう。

スポンサーリンク

FXでは必ず負けがある。最初から織り込む

*まず短期トレードで成功するために
マインシフトを行う必要がある。

*それは圧倒的に勝っているトレーダーでも
ストップロスにかかり続けているという事実。

*つまり、トレードとはもともとストップロスに
かかることが大前提にあるわけである。

*だったら、我々も負けるトレードになることを
その出発点として考えることで劇的に結果は
変わる。

宝くじを買う人は当たることを期待し、当たる
ことをベースに物事を考えている。新しく
ビジネスを始める人も儲かることを想像して
始めていく

つまり、誰も失敗を想定してビジネスを始め
たり、当らないことを考えて宝くじを買えない
のである。

*しかし、師匠は違う。以前も書いたとおり彼は
原則悲観よりの楽観である。期待しないから結果が
出ていると思っている。そもそも負けると思って
トレードを始めたらどうであろうか?

*ロットコントロールするようになるし、ロスカット
距離も真剣考えであろう。時に利食いをしっかり
として、少ないながらも利益を有難いと思える
ようになるわけである。

FXのトレードで全勝と言うことはあり得ないと
言っているわけですね。

何でもそうですが、全勝ということはなかなか
あり得ない話です。

そうであるならば、負けることもあることを
見越して、負けはできるだけ小さく、そして
利益は大きくという損小利大の考え方が重要
であると思うわけですね。

0ラインを守ることで損切勝負減らす

*利幅が伸びてきた時には早々と利食いで終わら
せること。あるいは、利幅を伸ばすために
0以上にSLラインを上げることの2つが考え
られる。

早々と利食いで終えるメリットは勝利で終え
られること。デメリットは伸ばせるチャンスを
逸失すること。

しかし初心者の内は、利食い経験を積んだ方が
良い。

*ただし、いずれにしてもプラス転換したのに
-で終えるとう悲しい結果ならないように0
ライン以上で最低でも負けトレードの回数を
減らす努力はやはり重要ある。

*もちろん正しい取引であっても0ラインにSL
ラインを引き上げるのが早すぎれば終わって
しまうことも多いが、急落急騰の動きでない
限り0ラインまで落ちたのなら、下げ止まり
を見てもう一度入り直すぐらい慎重でも良い
はずある。

0ラインという言葉を、この学び直し講座で
始めて自分は学び、そしてその意味をやっと
理解しました。

最悪でもトントンの引き分けになるストップロス
ラインのことを指しますが、大きなトレンドで
値動きが一方向に大きければ、そこまで戻る
事は少ないので大勝も期待できます。

スポンサーリンク

しかし、レンジ相場ではちょくちょくそのライン
で当たってしまって、利益がなくなる可能性も
あることを理解して使うべきものなのです。

SLにかった後こそ重要

*焦って負けを取り戻そうとしないこと。

*そもそもトレードは負けることを織り込んで
やるはず。

*負けること、ロスカットにかかることに
心理に的動揺しないことが重要。

*確かに現実の世界にはそうそうマイナスと
なる場面はない。

*それゆえ、負けをなんとかして回避しようする
負けた状態を一刻も早く回復しようと思いがち
であるが、それは現実世界のマインドをトレード
という異質な世界に持ち込んだ過ちである。

*そもそも、ロスカットにかることを大前提と
すれば、長い取引生活の中で一過性現象に
すぎないはずである。

そう考えれば、ロスカットにかかる気持ち悪さ
をロスカットにかかる正しと感じられるように
なっていくはずである。

より損失が拡大して退場になる苦痛こそが
本当のトレードの苦痛であるはずだ。

*負けた後こそ、冷静になり、ロットを多少でも
落として再開するぐらいっで良い。

*大切なことは生き抜くことであり、稼げる
フェーズその後に必ず来る。

やはり何よりも大切なのは、生き残ること。
生き残って続けられていれば、その後に必ず
勝って稼げるフェーズはやってくると言って
いるのです。

負けるのは織り込み済み、ただ負けても大きく
損失を出して、相場から退場させられるのでは
なく、小さな損失で必ず生き残る事が大切だと
説いています。

損小と利大のマインドは別のもの

*本来ターゲットの話をしないと、利大の話は
できないものの、あえてこ言っておくとする
ならば、損小マインドと利大マインドは別もの
であるいうこと。

*損小で気持ちよくロスカットするのは、空気を
吸うのと同じぐらい当たり前に行べきものある。

一方利大を実現するためには、2つしかない
のである。一つはロット上げる。もう一つは
距離を伸ばすである。

ロット上げることは、我々にコントロール権が
委ねられている。それゆえ、確率の高い動きを
見てロット上げることが可能である。

一方距離を伸ばすためには、市場の同意が必要
である。我々決める権利は1%も委ねられて
いない。

つまり、距離を伸ばすというならば、トレンドが
大きく始まるであろうと考えられることが最低
でも必要なのである。

*値動きの特徴を知り、距離を伸ばすべき時か
早々と利食いするべきか分けて考えられように
なりましょう。

なるほど、損小は損小、利大は利大と別個に
考えなくてはダメと言っています。

今回も、トレードのマインドセット的なところの
学びが得られました。

この調子で、1つ1つ理解して進んでゆきたい
とは思っています。

スポンサーリンク

-FXトレード関係
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

FX初歩からの学び直し-4、主要な経済イベント、用語

スポンサーリンク FX初歩からの講座4回目となります。 まだ現状では口座に投資資金を投入しておらず、 ドル/円のチャートの動きをながめている だけなのですが、 あと2~3週間したら、実際に口座に資金を …

FX初歩からの学び直し-38、短期波動のコツとオリジナルな叡智

スポンサーリンク 今回も短期波動についての学びです。 短期波動を上手くつかむコツのようなことを 師匠から学んでいます。 そのコツを上手くつかめば、勝率も今より ずっと高くなることでしょう。 しっかりと …

FX初歩からの学び直し-21、移動平均とアリゲーター

スポンサーリンク XMの口座で取引を始めておよそ3週間が 経ちました。 それにしても、本当にエントリーの時期が よくないことが多く、含み損も抱える 状態になっています。 今週は何とか挽回の週にする予定 …

FX初歩からの学び直し-33、トレード実務

3月からの講座も修了し、これから復習に入ろう と思っているところですが、時間が経つと やはりいろいろと忘れていることも多いです。 焦らずに、着実にしっかりと学び続けて、 少しずつでも進歩し続けてゆきた …

FX初歩からの学び直し-9、絶好球を見逃さない

スポンサーリンク FX初歩からの講座9回目となります。 今回は短期トレードを行っていく上での 考え方について学びます。 ある意味「マインドセット」的なものに なるかもしれません。 しかし、これは非常に …