一歩ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

美容、健康

痩せたいと本心から思っている人への痩せるテクニック

投稿日:

前回には痩せる生活習慣について、いくつかの
ポイントを書きましたがお読み頂けましたか?

今回は痩せるためのテクニックについてです。

ダイエットを行うときには、ちょっとしたテクニック
があるのですが、意外によくわかっていない方も多い
ので今回それを紹介します。

痩せるためのテクニック~食事編~

まず食事についてですが、1日の計画の中で食事をする
時間をあらかじめ設けるようにし、規則正しい食事を
摂るという事が大切になってきます。

忙しさにかまけて食事が摂れない、ということが
ないように、はじめから時間を考えて行動すると
いいのです。

朝食の場合は、とくに摂れないという人が多い食事
のようですが、まずはヨーグルトとかフルーツ
といった簡単に摂れるものから始めていって、
だんだん慣れてきたら、ご飯もののような
しっかりした食事へと変えてゆくのがよいでしょう。

確かに出勤前の朝は忙しいので、ゆっくりと食事を
取る時間が取れないことも多いかもしれませんが、
上記のような方針で進めてゆくとよいかもしれません。

スポンサーリンク

痩せるためのテクニック~運動編~

運動もなかなか続けるのが難しいことではあります。
しかし家事や仕事の合間にちょっと時間をみつけて
できる運動を毎日続けるようにすればそれほど
負担にはなりません。

スポンサーリンク

やせるためのテクニックとしては、バスや電車では
座らない、床磨きはぞうきんがけにする、近所への
買物は歩いて行くなどといった事を心掛けるだけでも
運動量は変わってきます。

さらに軽いストレッチなどをテレビを見ながらでも
行うことで、何もしないよりしっかり運動になります。

運動を始めるには徐々に段階を上げることが大切で、
はじめから激しい運動をすると疲れて続けにくく
なるため、まずは軽めの簡単な運動を選んで始めて
みることが長続きするコツになります。

まずはあせらずに、少しずつでよいですから「始める」
という事、その次に「続ける」事で運動の習慣が
あなたにもついてきます。

痩せるためのテクニック~仲間と一緒に~

そして、やせたいという思いを持つ仲間同士が集まる
ことで、志気を高めるというのもテクニックのひとつ
と言えるでしょう。

同じ目的を持つもの同士励ましあって、そしてまた
協力しあうことがそのよい点で、夫婦でウォーキング
などに挑戦してみるのも良いかもしれません。

まとめ

以上3つのテクニックをご紹介してきましたが、本気で
痩せたいと思っている人は、まず自分のできることから
ひとつひとつ焦らずに始めてみることが、痩せるための
テクニックとして一番大切なのではないでしょうか。

食事、運動、そして仲間と大切なことを書きましたが、
何よりもあなたの「本気で痩せよう」という強い意志が
あってこそのテクニックですので、

どうして自分は痩せたいのか、痩せなくてはいけないのか
という根本的なことをあなた自身で考えて、その意思に
偽りがないのであれば、誰に遠慮することもなく堂々と
ダイエットの道を突き進んで下さい。

わたしもそういうあなたを心から応援したいと思います。

スポンサーリンク

-美容、健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マイクロダイエットとヒルズダイエットの違い。保証、腹持ちなど

今回も前回に引き続いて置き換えダイエットである マイクロダイエットとヒルズダイエットについて記事を 書きます。 スポンサーリンク 前回の記事で、そもそもこれらのダイエット法はどの ようなものかはおわか …

ファスティングと置き換えダイエットの違いと効果、効果的な運動。

今回から数回にわたってファスティングと置き換えダイエット について書いていきます。 スポンサーリンク ファスティングダイエットとファスティング置き換えダイエット とは同じような感じを受けますが、実は違 …

エステで簡単に脱毛する方法とエステ脱毛の種類

夏の季節になって、肌の露出が多くなってきた時に 気になるのはムダ毛です。 特に若い女性の場合には、腕やワキそして足の すねや背中等のムダ毛を気にします。 スポンサーリンク やはり、他人特に男性の視線が …

ダイエットスープとは?その基本の作り方と注意すべき点など

今回はダイエットスープについての1回目です。 スポンサーリンク ダイエットスープと聞いて意外に知っているようで 知らない方も多くいるかもしれません。 1回目の今日は、ダイエットスープそのものの 知識や …

疲労回復を補う栄養について

今回は疲労回復を補う栄養素の記事を まとめてみました。 現代という時代は、何かと疲労を感じ やすいい時代になっています。 スポンサーリンク そして、疲労を感じたらそれを完全に 回復させないうちに、また …