一歩(いっぽ)ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

FXトレード関係

FX初歩からの学び直し-7、エントリーと材料相場(2)

投稿日:

FX初歩からの講座7回目となります。

3月10日(金)のあるアメリカの雇用統計を
受けて、予想通り相場が大きく動きました。

しかしながら、その方向性は一般の人間から
見ると予想と反対に動いた感があります。

それはどうしてか?
そのあたりの理由も今回の講義で学ぶことが
できるようですので、その辺も着目してみて
見るといろいろ参考になります。

スポンサーリンク

雇用統計やFOMCの発表など大きく為替が動く
事の多い、材料相場の考え方などです。

材料による値動きの基本

注視するポイントは次のようなところです。
これをしっかり頭に入れるようにしておきます。

・前回実績を超えたか?下回ったか?
・今回予想を超えたか?下回ったか?
大切なのは、今回予想を上回るか、下回るかである。
付随的に前回実績も超えていればなお良い。
前回実績を超える予想に対して、その予想を上回る◎
(2段階で上回る)
前回実績を下るが、予想超える〇(予想値をきちんと超える)
前回実績は超えたが、予想を下回る△
(予想を下回っている点で評価されない)
前回実績を下り、予想も下回る ×
(大きく売られることもある)

ただし、注意を要するのは高い期待に対し、大きく下に
乖離するなど、期待と現実のギャップが大きいほど、
値動に影響を与えるとうこと。つまり、織り込み具合、
期待度合いが事前にどうなのか、ということによっては
上記の基本相関が成立しないか、相関が弱体化する
場合もある。

実践的には、その材料相場(イベント)の時に実際に
チャートを見て、どのような動きをするのかを何度も
何度も見て、自分の頭の中に刷り込むようにしてゆくと
よいのかもしれません。

テクニカルが支配する相場の中の材料

・短期相場というのは、やはりテクニカル理論に従い、
値動きをしてることが分かる(もちろん、そのテクニカル
理論のどれが採用さたと言えるのかは、結果を見ないと
分らないからこそ「値動きへ適切な対処」という考え方に
行きつく)。
短期相場がテクニカル的に動くのは、相場を動かして
いるのが主に短期トレーダー主導だからであり、かつ
短期トレーダーがチャートを重視しているためである。
そのような中、まばらで、かつ点々とした材料が市場に
放り込まれ、時にテクニカルを自己強化するか、あるいは
テクニカルを完全に破壊する動きを見せる。
では、その材料の正体は何かというと、全く読む
ことのできないギャンブル的な要素であるということ。

ただし、材料によって非常に短期間で大きく稼ぐことも
可能となるし、場合によってはギャンブル的材料自体を
予想しようとする試み自体は、トレードのあり方として
成立しうる。

これを読んでみると、短期相場というものは、主として
短期トレーダー主導で動くためにテクニカル的に動くと
いう事がわかります。

スポンサーリンク

その中にあっても、いろいろな材料があり、またそれに
よってもいろいろな値動きをする。しかしその材料自体の
正体はつかむ事のできない得体の知れないものなのだ
と言っているのです。

材料相場のフェーズについて

・材料発表前 → 予想の織り込みを開始する。
織り込みとは、投資家の事前予想買いである。
材料発表直前 → 値動きが乱高下し始め、テッィクの
点滅早くなる
材料発表直後 → 値動きがどちらかに突抜ける。その後、
突き抜けた方向に自己強化しり、反対側に行って来いしたり、
1円上げて2円下げるというこもあったりと、トレンド
方向を強めるか、乱高下するかのいずれかである。
材料発表後 → しばらくすると値動きは落ち着きを取り戻し、
固まった方向に進んで行くことが多い。

自分のこれまでの警官から考えると、確かに上記のような
感じがするように思います。

この動きも頭に入れておいた方が良いでしょう。

材料相場の取引方法について

・材料発表前 → 織り込む方向を予測し、かなり手前で入る。
(イメージ的には6時間から24時間程度前)(推奨)難易度1
材料発表直前 → チャートの位置、サポレジ、トレンドライン、
ボックス、フェーズなどを確認し、材料の結果が良いか
悪いかを予想しにいく。(ギャンブル的な発想)難易度4
材料発表直後 → 発表があってから、次の押目や逆張りを
仕掛けて、1分チャートの鼓動を見ながら短期間で稼ぐ。
難易度5
材料発表後 → 方向性が固まったら、相対的有利な位置を
見つけ順張りで付いてく。難易度3

材料相場での取引の仕方は、上記のような心構えで対応
すればよいということです。

しかし、頭ではわかっていても、実際にはなかなか
この通りにできないと思いますし、できるようになるには
経験を積む意外にはなさそうです。

この他に事前裁量という方法もあるようです。

それは、発表前、発表直前に予めポジションを取っておく
ことです。発表からなり手前であれば、ギャンブルには
ならず、発表直前に行えばそれはギャンブルになります。

IFD(イフダン)取引とは?

・材料の瞬間高騰、瞬間暴落を利用して、逆指値と利食い、
損切を設定し、一瞬で利益を稼ぐ方法。
ただし、スリッページと言って、取引が瞬間高騰する
状況では、意図ない価格で約定することもあるので要注意。
従ってこれをやる場合も利食いは近く、ロット小さくが原則。

まとめ

今回は材料相場におけるトレード方法というものについて
学んできました。

雇用統計やFRB議長のサプライズ的なニュースによって
為替相場は本当に大きく動きます。

そういう時には取引はしないというのも確かに1つの
考え方でもありますが、ハイリスクハイリターンでも
という覚悟があれば、ロットを小さくして参戦する
というのも1つも道なのかもしれません。

すべては自己責任ですが、あなたはどちらを選びますか?

スポンサーリンク

-FXトレード関係
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

FX初歩からの学び直し-17、トレードスタイル

スポンサーリンク このところ、他で色々忙しくてなかなか 集中してトレードできません。 しかし、エントリーはしてみているの ですが、やはりまだその位置に問題が あるようです。 せっかく、ゼロから学び直し …

FX初歩からの学び直し-41、短期投資講座まとめ

スポンサーリンク 今回で、師匠から学んできた、短期投資講座が 終了となります。 短い時間ではありましたが、いろいろな事を 学ぶ事が出来たと思います。 FXというのは少ない資金から取り組みやすい 投資で …

FX初歩からの学び直し-9、絶好球を見逃さない

スポンサーリンク FX初歩からの講座9回目となります。 今回は短期トレードを行っていく上での 考え方について学びます。 ある意味「マインドセット」的なものに なるかもしれません。 しかし、これは非常に …

FX初歩からの学び直し-16、ロットと距離

スポンサーリンク 今日はなかなかエントリーできず、 日中は仕事が忙しかったのでパス しました。 夜やってみましたが、1つは損切りに かかってしまいました。 もう少し慎重にやらねばと反省中です。 スポン …

FX初歩からの学び直し-39、ミスターマーケットを心の目で見る(1)

スポンサーリンク 今回と次回はミスターマーケットを見る目 についての学びです。 ミスターマーケットというのは、本当につかみ どころのないものです。 しかしながら、高い勝率を維持し続ける トレーダーは、 …

最近のコメント