一歩ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

FXトレード関係

FX初歩からの学び直し-32、オシレータの応用

投稿日:

ついに3月から学び直し始めたこの講座も、
5月末で終わりになりました。

あっという間の3ヶ月間でした。

これからは、もう一度復習をかねて初めから
講義を見直していこうと思っています。

今日は主にオシレータ系の指標についてです。

スポンサーリンク

ドラッカーやB.フランクリンに学ぶ

*ドラッカーやベンジャミンフランクリンの学習
方法をトレードや人生全体に適用させると
何事も上手くいく。

*私の経験上も、まばらに全体をやっていくよりも、
一つず集中して形になってから、次に進む方が、
何十倍も習得速度が速いと確信している。

*例えば、各自で決める。今週は徹底的にロスカット
を考れる、来週はエントリー、再来週はターゲット
タゲット、その次はロット配分を考えるなど
各自1週間で一つのことに意識を注ぐ。

*それを繰り返すことで、何事も体得できるいう
考え方である。

*これは応用できるため、今週オシレータ、来週は
トレンド系など、また今週はチャートパターン
の暗記、来週はローソク足分析など、色々考える
ことができるはずである。

ピーター.F.ドラッカーの教え「多くのことは
一度に学べない。」や、B.フランクリンの
13の徳目などを学ぶ事によって、トレードが
上達すると師匠は言っていますが、やはり
そういうものなのでしょうか?

その真偽については、私には理解できません。

オシレータとは?

*テクニカル分析には大きく分けてトレンド系と
オシレータの2種類があるが、トレンド系が
全体的な流れを読もうとする指標であるのに対し、
オシレータ系は変化見るものと言える。

*オシレータの反応の方が早く敏感である。

*オシレータとは「振り子」いう意味。ある一定の
範囲を振り子のように推移することからオシレータ
系指標と呼ばれている。

*買われすぎ、売られすぎなどを示すテクニカル
指標でオシレータ系の指標は一定の範囲内で
振動するように動く。

スポンサーリンク

*一定期間のレートに対して、現在のレートが
高すぎるのか安すぎるのかを判断するための
指標である。

*一般的にはトレンド系が中長期的、オシレータ系が
短期的な判断に使われることが多い。

*大局を把握するのにはトレンド系、短期または
目先の値動きを予測するのにはオシレータ系
と、両者を使い分けて取引する。

オシレータ系の指標は以前より、どんなものかは
何となくわかっていましたが、はっきりとわかった
のは今回かもしれません。

とにかく上に行ったり、下に行ったりするので
どこをどのように利用するのかもう少ししっかり
学習しなくてはいけません。

オシレータの使い道

*逆張りエントリーに使うことができる(新規エントリー)

*順張りエントリーに使うことができる(新規エントリー)

*高値買いや安売りを回避することができる(新規
エントリー抑止)

*利食い目途に使うことができる(利益の最大化)

*ダイバージェンスを使うことで相場転換を事前察知
できる(転換点を取る新規エントリー)

短期的な判断材料として、順張りにも逆張りにも
使えることがここでわかりました。

オシレータのデメリット

*強い上昇トレンドの時は、RSIが高水準エリアに、
強い下降トレンドの時は低水準にとどまり続ける。

トレンドの勢いが強い時に「RSIが低水準エリアに
あるから買いシグナルだ」と思って買っても、
そのま株価が下がり続けて、損失が膨らむ危険性
がある。

1つの指標だけでトレードするのは非常に危険
たということです。あくまでも短期的な動きでの
指標とすべきもののようです。

まとめ

今回はいいかがでしたか?

オシレータ系とトレンド系、それぞれの指標に
一長一短ありますので、自分の武器として上手に
使ってトレードすることが求められるようです。

スポンサーリンク

-FXトレード関係
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

FX初歩からの学び直し-37、スキャルピングと短期波動

スポンサーリンク 今回は、スキャルピングと短期波動という テーマについて学んでみました。 以前は単純に何回も、次から次へと取引のできる スキャルピングに感動して、調子に乗って 何度もエントリーして、挙 …

FX初歩からの学び直し-17、トレードスタイル

スポンサーリンク このところ、他で色々忙しくてなかなか 集中してトレードできません。 しかし、エントリーはしてみているの ですが、やはりまだその位置に問題が あるようです。 せっかく、ゼロから学び直し …

FX初歩からの学び直し-30、NYオプションカット

スポンサーリンク 今日はNYオプションカットについてです。 NYオプションカットとは、何となくわかるようで わかりにくい用語です。 今回の内容をしっかり頭に入れて、トレードを すれば、いろいろ有利なこ …

FX初歩からの学び直し-33、トレード実務

3月からの講座も修了し、これから復習に入ろう と思っているところですが、時間が経つと やはりいろいろと忘れていることも多いです。 焦らずに、着実にしっかりと学び続けて、 少しずつでも進歩し続けてゆきた …

FX初歩からの学び直し-22、ピボット(PIVOT)

スポンサーリンク 一昨日は週明けで、フランス大統領選挙の 影響なのか、上方に大きな窓を開けて 相場がスタートしました。 多くの場合には、この窓を埋めようとする 動きが出るようなのですが、昨日は 窓を埋 …

最近のコメント