一歩(いっぽ)ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

美容、健康

美肌クリームとは?乳液との違いや使用する際の注意点など

投稿日:

今回は美肌クリームについて書いてみました。

あなたは美肌クリームというののをご存じ
でしたでしょうか?

もう実際に使っているという方も結構おられる
のではないでしょうか?

最近は色々な成分のものが開発、販売されて
きていますが、それについての知識をもたずに
使うとリスクもある事をしっかり頭に入れて
使うようにして下さいね。

↓↓↓(続きは画像をクリック)↓↓

http://ippo2.net/

スポンサーリンク

美肌クリームとは

まずは美肌クリームというものについてです。

美容への関心が強くない人でも、日々のスキン
ケアで肌のお手入れをしている人は少なくは
ないようです。

人間誰しも、年を取るとある程度はしみや
しわがお肌で目につくようになってきます。

昔のままのスキンケアでは足りないことも
あるでしょう。

最近では、若い人向けだけでなく40代50代
からの基礎化粧品も作られており、乳液や
美肌クリームが注目されているようです。

日々のスキンケアやメイクの際に化粧水や
乳液を使っているという人が大半のようですが、
ここに更に美肌クリームをプラスするという
方法があります。

肌の保湿を目的として乳液を使いますが、
その機能を一層高めていることが美肌
クリームの人気の理由です。

加齢と共に乾燥しやすくなっている肌に、
みずみずしさを補ってくれます。

美肌クリームの中には、化粧水と乳液の機能を
持つものもあります。

クリームをつけるたけて水分補給と保湿効果が
あるという便利なものです。

市販のクリームやローションを使うのではなく、
自分の肌に合わせた美肌クリームやローション
を手作りするという方もいます。

クリームや美容液には、商品ごとに様々な美肌
成分が配合されています。

スキンケアに効果的な美肌クリームを使うために、
添加物や含まれている成分をチェックするように
してください。

美肌クリームと乳液

年と共に乾燥が進む肌には保湿が欠かせません。
効果的なアイテムとして美肌クリームと乳液が
あります。

水分を失った肌はしみやしわが目立つようになり、
ますます年を取って見えるようになります。

できるだけ肌の保湿力を保ち、常に水分を
逃がさないようにしましょう。

年をとってもなお若い肌であり続けるためには、
毎日のスキンケアで肌の保湿力を維持することが
大切です。

年齢の影響を感じ始めた肌には美肌クリーム
でのサポートが効果的です。

スキンケアでは化粧水と乳液の他に美肌クリーム
を使うという人もいます。

最近では乳液を使わずに、美肌クリームで補って
いる人も少なくないようです。

化粧水をたっぷり使って皮膚に水分を与えても、
乳液をつけなければ水分は蒸発してしまいます。

スポンサーリンク

乳液のオイル成分でお肌にフタをし、皮膚に
水分を閉じこめることは美肌を保つためには
必要です。

肌の保湿力をより高い状態に保つためには、
化粧水や美肌クリームと共に乳液も活用する
ことです。

ベタつき感があるので美肌クリームは使いたい
と思わないという人もいます。

これは、美肌クリームには油分の比率が高い
ことがあるためのようです。

肌に十分になじんでいない時はベタベタする
ことがありますので、よく肌になじませる
ようにしてください。

それでもなおベタつきがおさまらないという
場合は、お肌につけた後でティッシュに油分を
吸わせるか、美肌クリームを少なめにつけて
みてください。

美肌クリームの危険性

美肌クリームはきれいな肌を作るための栄養を
補い、保湿のために使います。そのため色々な
成分を含有しています。

しわやたるみが老化によって増えるのは、
体内の女性ホルモンの量が少なくなることと
関係があるともいいます。

美肌のためにホルモンに働きかけるやり方も
あります。

美肌用の高機能クリームや美容液といった商品に
女性ホルモンの一種であるエストロゲンの類似
物質が配合されている商品も販売されています。

成分によっては医療品に近いものもありますが、
現在のところはスキンケア用品として購入する
ことができます。

ホルモンにかかわる物質は副作用が海外では
問題視されており、時に注意が必要になります。

エストロゲンという女性ホルモンに関わる成分が
使われているクリームは、体内のホルモン
バランスを変える可能性があります。

そのことが、体に思わぬ作用をもたらすことが
あります。

環境ホルモンのような、生殖能力に関わる作用が
ある可能性を懸念する声も存在していると
いわれているようです。一部の製品では化粧品
としての使用が問題視されているものもあります。

女性ホルモンと関係の深い副作用が起きた背景に、
エストロゲンという女性ホルモンに似た成分を
使った美肌クリームの存在があったという話も
あるといわれています。

美肌クリームを使ってお肌のお手入れをする際
には、クリームを買う時に配合成分について
よくチェックしておくようにしましょう。

まとめ

今回の記事はいかがでしたか?

最近ではいろいろな美肌グッズが販売されていて
CM等の影響もあってか、どれもみな効果が
あって良さそうに見えます。

しかし、実際のところは十分に注意をして使用
しないと、思わぬ悪影響が出る場合もある事も
おわかりになったと思います。

今回の記事を参考にして正しくお使い下さいね。

スポンサーリンク

-美容、健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ウォーキングダイエットとは何か?その注意点や工夫について。

スポンサーリンク ウォーキングダイエットと言う言葉は最近では ポピュラーになって来たのではないでしょうか。 有酸素運動の典型例として、よくテレビや雑誌でも 取り上げられることも多いですね。 今回の記事 …

二重あごはどうしてできるのか?二重あごの原因と改善法

スポンサーリンク 二重あごと聞くとどんなイメージを想像される でしょうか? 女性であればあまりいいイメージはないのでは ないでしょうか? 女性に限らず、太った体型の人には二重あごも 多い感じがしますね …

ストレスとダイエットの関係。ストレスのないダイエットを。

スポンサーリンク 今回はダイエットとそれに伴うストレス について書いてみました。 この飽食の時代、男女を問わずグルメ指向の 時代となり、その反面美味しいものを食べ 過ぎて、ダイエットを迫られる人も多く …

おなかのダイエットについて、効果的なおなかダイエットとは?

スポンサーリンク 最近では、メタボリックシンドロームという 言葉が一般的になりました。 その中の条件の1つにおなか周り、すなわちウエスト サイズの項目があります。 そういったことから、おなか周りのダイ …

顔のたるみと加齢についてその原因と対策とは?

今回は顔のたるみについて書いてみました。 シミやシワなどもそうですが、見た目年齢を 上げやすいものとして「顔のたるみ」があり ます。 個人差はあるものの、10歳くらいは老けて 見えてしまう恐るべき「顔 …