一歩ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

美容、健康

ボトックスで小顔効果を得る方法。そのメリットデメリット。

投稿日:

ボトックスによる小顔効果についてはご存じでした
でしょうか?

これまでは、しわ取りに関しては有名な方法だった
ようですが、最近では小顔に応用されることも多く
なってきました。

今回は、そのボトックスについての記事を書いて
みました。

ぜひ参考にされて、小顔効果をお試し下さい。

スポンサーリンク

ボトックスで小顔効果を得る方法

ボトックスといえばイメージはシワを取るものが
大きいですが、近頃人気なのがボトックスによる
小顔効果だそうです。

ボトックスという成分は、ボツリヌス毒素から
抽出したものです。
ボツリヌス毒素そのものは高い毒性を持っています。

ボトックスは毒性を取り除いているので安全に
使用できる状態になっています。

もともと医療用に使われていたのが、ボトックスです。
シワを筋肉の動きによってできる目立たなくさせる
効果があることが分かったのは、筋肉の動きを
抑制する働きがあるからなのです。

美容業界でもボトックスが広く利用されるように
なったようです。

今はマッサージが多く用いられる小顔効果を得る
方法ですが、かつては美容整形が中心でした。

ボトックスは美容業界でいまや一般的となったことに
よって小顔効果が得られることも非常に小顔を望む
人にとってはありがたいことです。

ボトックスを利用して小顔にする方法は、短い期間で
効果を感じられるケースが多いようです。

とても優れている方法といえるのは、比較的手軽に
治療が行えるという点です。

数日は顔面に違和感がでることが施術後にあるのが、
美容施術を小顔になるためにボトックスを利用した
ものを受けた場合です。

何日か経てば消えていくものですので、特に心配する
必要はないといわれていますので、ボトックスで
小顔を手に入れる選択肢も持ちましょう。

ボトックスによる小顔効果のメリット

定期的に施術を3~4ヶ月くらいに一度受けるのが、
ボトックスを小顔効果を得るために使用した場合には
良いかもしれません。

ボトックスの施術に続けて通わなければならない
ということであり、負担が金銭的にも生じることに
なるといえます。

なぜ定期的に施術を受けたほうがよいのでしょうか。
ボトックスを注射することによって下あごにある咬筋の
働きを抑えるのが、ボトックスによる小顔効果です。

顔の筋肉を退化させることによって得ることができる
のは、顔のエラ部分を小さく見せることです。

スポンサーリンク

施術後のボトックスの効果は通常少しずつ薄れていく
ものです。元の状態に約半年から1年程度で戻って
しまうのが、ボトックスによる小顔効果だといいます。

いずれは無くなってしまうボトックスの効果について
デメリットと思う人もいるのではないでしょうか。

逆にボトックスの良いポイントでもあり、メリット
ともいえます。つまり、ボトックスによる小顔効果に
納得できない部分がもしあったとしても、やり直す
ことが半年後にできるということなのです。

また手術しなければならなくなるのが、美容整形
手術をして納得できなかった場合なのです。

ボトックスによる小顔のための施術はリスクが低い
美容施術だと言えるでしょう。

ボトックスの美容施術で小顔になる

小顔効果は、筋肉を萎縮させるボトックスの働きに
よって得ることができるものです。

顔のエラの筋肉をボトックスによって萎縮させる
ことで手に入れることができるのが、小顔効果
なのです。

顔が大きく見える原因のひとつとして、エラが
張っているというのがあげられます。

ボトックスによる小顔効果というのは、顔のエラの
張りをおさえることにより、小顔を生むものなのです。

大きく顔が見えてしまうのは、エラが張っている
からです。エラというのは顔のあごの周辺にある
咬筋と呼ばれる筋肉が発達してできたものです。

ボトックスによる小顔効果というものは、小顔効果を
咬筋を萎縮させて得る仕組みになっています。

小顔効果をボトックスによって得るためには、少量
ボトックスを咬筋に直接注射していきます。

実際の施術時間は10分~15分位と短いものです。
小顔効果は、個人差はありますが、ボトックスを
注射してからだいたい1ヶ月くらいで現れてくる
ようです。

注入したボトックスが分散するのを防ぐために、
ボトックス注射後は控えたほうが良いのはエラの
あたりを刺激することです。

施術をせっかくするのですから、当分マッサージは
しないほうが無難です。

食事も術後すぐはなるべく控え、あますところなく
ボトックスの小顔効果の恩恵にあずかりましょう。

まとめ

今回はいかがでしたでしょうか?

ボトックスを小顔の施術のために使う事がある
ことを知らない方もおられたかもしれません。

確かに上手に使えば、美容整形等のリスクに比べると
メリットはあるかもしれません。

上手に使えばなかなかいいものかもしれませんね。
今回の記事を参考にしてして頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

-美容、健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

原因に合わせた脚やせ対策と脚やせのための姿勢、食材、アイテム等

今回は脚やせのテーマを取り上げました。 スポンサーリンク 女性の美しい、スラッとした綺麗な脚は男性のみならず 女性からも憧れられますよね。 そんな美しい脚にするための対策について、今回は 記事を書いて …

痩せるためのスープ、ダイエットスープの中身と効果的な利用法。

あなたは痩せるためのスープがある事をご存じ でしたか?ダイエットスープとも言われます。 スポンサーリンク 今回はそのダイエットスープについての記事を 書いてみました。 スープを飲むだけで痩せられるなん …

おなかのダイエットについて、効果的なおなかダイエットとは?

最近では、メタボリックシンドロームという 言葉が一般的になりました。 スポンサーリンク その中の条件の1つにおなか周り、すなわちウエスト サイズの項目があります。 そういったことから、おなか周りのダイ …

ニキビ跡をクレーター状に残さないようにするための方法とは?

かつてはニキビは青春のシンボルというような 呼ばれ方をしたk時期もあります。 スポンサーリンク 最近ではそのような言い回しはあまり聞きませんが、 女性にとっても男性にとっても、ニキビはあまり 付き合い …

疲労回復を補う栄養について

今回は疲労回復を補う栄養素の記事を まとめてみました。 現代という時代は、何かと疲労を感じ やすいい時代になっています。 スポンサーリンク そして、疲労を感じたらそれを完全に 回復させないうちに、また …