一歩ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

美容、健康

自宅でできるおすすめの脱毛方法と家庭用脱毛器「ケノン」の効果

投稿日:

今回は自宅でできるおすすめの脱毛方法についてです。

ノースリーブの季節になって、特に女性にとっては
とても神経質な時期となりました。

そこで今回は自宅でできるおすすめの脱毛方法と家庭用
脱毛器「ケノン」について書いてみましたので、ぜひ
参考にして下さい。

スポンサーリンク

自宅でできるおすすめの脱毛方法

脱毛について、自宅でできるおすすめの脱毛方法を
知っていますか?

セルフケアは部位に合わせて変えるというのがルールです。
間違った処理は肌トラブルの原因になりかねません。

簡単に出来るおすすめの脱毛方法を知って、ムダ毛の
コンプレックスを解消していきましょう。

体の部位によって脱毛方法を変えている人は意外に
少ないかもしれません。
でも、人間の皮膚は想像以上にデリケートです。

適当なセルフケアをしていると肌荒れや炎症、色素沈着
などの肌トラブルを起こしてしまう危険性があります。

今回は自宅でできるおすすめの脱毛方法4つをご初回します。

1、カミソリや電気シェーバーでの脱毛
これは、比較的多くの人が行っている方法です。
「ムダ毛が気になる」と感じたときにすぐ処理をする
ことができるというメリットがあるのが特徴で、
カミソリや電気シェーバーがあればいつでもどこでも
脱毛ができます。

しかし、これらも方法はやり方を間違えてしまうと肌に
大きなダメージを与えてしまいます。
簡単なケアですが、慎重に行うようにしてください。

2、除毛クリーム
除毛クリームは、クリームやジェルの中に含まれている
薬剤の力で皮膚の表面に出ている毛を溶かすものです。
毛を溶かすので剃ったときのようなチクチク感を感じない
のが特徴です。

皮膚表面をすべすべにしたいと考えている人におススメの
方法ですが、使用する前にはしっかりとパッチテストを
行う必要があります。

最近では、肌への負担が少ない薬剤が使用されている
商品が多いので、子どもでも安心して使用することが
できると言われています。

3、ブラジリアンワックス
ブラジリアンワックスは、欧米で多くの人が行っている
脱毛方法です。

専用のワックスを脱毛したい部分にのせた後、一気に
はがして毛を抜きます。

アンダーヘアの脱毛として誕生したものですが、近年では、
全身や顔にも使用することができる商品も登場し、話題と
なっています。

コツが必要で、初めてのはうまくできないこともある
ようですが、ワックスが肌にたまっている古い角質が
つくので角質除去効果が得られるというメリットもあります。

毛根から脱毛できるので、1回の使用で1週間から10日程度
脱毛効果が得られます。

4、家庭用脱毛器
家庭用脱毛器の多くは、エステやサロンで行う「光脱毛」と
同様のメカニズムが採用されています。

エステやサロンで使用される機器よりも出力は弱いですが、
上手に使えば得られる効果にさほど大きな差はありません。

家庭用脱毛器「ケノン」の効果

エステに行くのは高いし、自宅で簡単に脱毛ができたら…
っと思うことはありませんか?

今回は、自宅で手軽にツルスベ肌になれる脱毛器
「ケノン」をご紹介したいと思います。

「ケノン」がおすすめな人は…
・全身脱毛したいが、何十万も出せない
・カミソリだと赤くヒリヒリする
・エステシャンにVラインを見られるのは恥ずかしい
・脱毛器を使いたいけど痛いのは嫌だ
・仕事や子育てに忙しくてサロンに通う時間がない
など、色んなお悩みを抱えている方にぜひ、おススメです。

ケノンは、脱毛器と本体が一緒になっていて、脱毛する時は
この本体を操作することで照射レベルやモードなどが切り替え
られます。

ふたの部分は鏡なので、自分で脱毛するときにとても便利です。
本体とくっついているので背中や見えない部分を脱毛する時は
手鏡などでやる方がおすすめです。

脱毛を始める場合は端っこのボタンを押して照射レベルと
ショット回数とモードを設定するだけです。

照射レベルは1~10段階まであり、初めての方は、レベル1から
徐々に段階を踏んであげていくのがいいと思います。

ショット回数は1回、3回、6回と選ぶことができます。
これは、1回のショットの力を分散させて打つことができる
機能です。

肌の弱い方などは3回や6回から始めてみるのがいいです。
もちろん、1回の方が脱毛効果が高いので、慣れてきたら
変更してみましょう。

また、脱毛器を購入する際に気になるのが、痛みがあるのか
ということではないでしょうか。
正直に言えば、全く痛みがない脱毛器というのはありません。

脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式の2種類あります。
どちらも、毛乳頭や毛母細胞という毛をつくる元になる部分に
ダメージを与える方法で脱毛を行います。

この照射した光やレーザーが毛根部分で熱エネルギーに
変わる際に痛みを感じます。

ただし、レーザーは単一の波長で光を1点に集中させるのに対し、
フラッシュは複数の波長で広い範囲に照射します。
エネルギーが分散される分、フラッシュ式は痛みが少ないです。

今回ご紹介しているケノンは、フラッシュ式を採用しているので
痛みに関してはそれほど心配する必要はありません。

自宅での脱毛を検討されているかたには、おすすめの商品です。

→ http://tbtjo.net/cs2/sube2/

家庭脱毛器ケノンのメリット

さまざまな家庭用脱毛器がありますが、ケノンには他の
脱毛器にはないメリットが多くあります。

スポンサーリンク

今回はそんなケノンのメリットをご紹介していきます。

ケノンのメリット…
1、照射面積が広い
ケノンは、照射面積(光が出る部分の面積)が9.25?。
これは脱毛器の中では最大級です。

照射面積が広いと、1度で広い範囲を脱毛できるため、
短時間でケアが終了します。

また、照射回数が少なく済むので、カートリッジも長持ちします。
カートリッジは照射回数が決まっているため、たくさん打てば
それだけ早くなくなってしまいます。

さらに、脚や腕など脱毛範囲が広いと、何度も照射するのは
疲れてしまいますよね。

つまり、照射範囲が広いケノンは、「短時間で処理できる」、
「カートリッジが長持ちする」、「疲れない」といいとこ
だらけです。

2、レベルは10段階の出力調整ができる
ケノンは、照射出力を10段階調整することができます。
出力が高い方が脱毛効果があるんだから、調整する必要なんて
ないのでは?と思う方もいるかもしれません。

でも、出力は高いほど痛みを感じやすくなります。
また、部位や毛の太さによっても感じ方は違います。

ケノンなら、皮膚が薄く毛が太いVラインはレベル2で、
脂肪が多く痛みを感じにくい太ももはレベル8、など痛みや
その日の肌の状態に合わせて細かく調整することができます。
だからこそ、ケノンは痛くない脱毛が可能です。

3、カートリッジを付け替えれば、家族みんなで使える
ケノンには選べる3種類のカートリッジがあります。

・ラージ…細かい部分のケアが可能
・エクストラ…広い部分の照射が一気にできる
・ストロング…アンダーヘアや男性の髭など濃い毛のケアにおすすめ
この3種類があります。

脱毛部位や用途に合わせて変えるのはもちろんのこと、男性で
あれば、髭の脱毛にも効果を発揮する優れものです。

個々にカートリッジを所有すれば、本体は家族みんなで
使うことができます。

直接肌にあたる部分であるカートリッジを付け替えることが
できるので、衛生面の心配もありません。

4、ケノンの使い方は簡単!届いたその日に使える
脱毛器を使用する際は、フラッシュの光から目を守るための
サングラスや、照射前後の肌を冷却する保冷剤などを用意
しなければなりません。

でも、ケノンなら、サングラスとクーリングパック2個もセットに
なっているので、届いたその日から使うことができます。

ケノンにはまだまだメリットがあります。
多くのメリットを持つ脱毛器なのでぜひ、使ってみることを
おすすめします。

→ http://tbtjo.net/cs2/sube2/

ケノンのデメリット

家庭用脱毛器で人気のある「ケノン」は、良いとこだらけに
思えますが、2つだけデメリットがあります。

良いものには欠点もつきものです。
購入後に後悔しないためにも、先にデメリットを知って
おくといいですよね。

1、本体価格が他のメーカーのものに比べて高い
2万円台、4万円台で買える脱毛器もある中で、ケノンは
約7万円とちょっと高額です。

これはけっして簡単に買える値段ではないですよね。
でも、ケノンはコストパフォーマンスがかなりいいんです。

カートリッジの照射数は最大で1,000,000発。
最高出力のレベル10でも、なんと30万発も使用することが
できます。

両ひじ下を6回脱毛した場合で300発、両ひざ下を6回使用した
場合で1800発ほどなので、1つのカートリッジでサロンに
通うことなく全身が脱毛できます。

安くても照射数が少なかったり、使い捨てだったりすると、
カートリッジの買い足しや本体の買い替えで、結局は高く
ついてしまいます。

脱毛器は長く使うものなので、目先の価格ではなく、コスト
パフォーマンスまで考える必要があります。

ケノンは長い目で見れば決して高い買い物ではありません。
家族で使用するなら、本体は割り勘で購入するのもおすすめです。

2、IOラインのケアができない
ケノンは、Vライン(ショーツを履いた時にはみ出る部分)の
脱毛をすることはできますが、Iライン(陰部の両側)とOライン
(肛門周辺)への使用はメーカーが推奨していません。

VIOラインをエステシャンにみられるのは抵抗があるから、
自宅で処理したいという方はおおいでしょうから、この部位を
対応していないというのはとても残念です。

ただ、対応している機種であっても、自分では見えずらく、
粘膜も近いIラインやOラインの自己処理は実際とても難しいです。

自己判断で使用している方も中にはいるでしょうが、この部分
だけはエステやクリニックでプロにお任せするのも良いかも
しれません。

このように、ケノンにはデメリットもあります。

本体価格は高めですが、長い目で見れば非常にコスト
パフォーマンスの良い脱毛器と言えます。

脱毛器での処理は根気がいります。
でも、だんだんと自己処理がいらなくなっていく自分の肌を
見るのは女性として嬉しいですよね。
処理を検討中の方にぜひ、おススメです。

→ http://tbtjo.net/cs2/sube2/

まとめ

今回の記事ははいかがだったでしょうか?

最近は脱毛をする若い男性も多くなって来ていますが、
それでも、まだ脱毛するのは圧倒的に女性が多いですね。

エステサロンや脱毛クリニックに行く手間や時間を
考えると、家庭で脱毛できることは大きなメリットに
なります。

次回も脱毛について書きますのでぜひお楽しみに。

人気ブログランキング

スポンサーリンク

-美容、健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

骨盤ストレッチでお腹まわりのダイエット。布団の上でもできる。

スポンサーリンク 骨盤ストレッチで行うダイエットはご存じでした でしょうか? 今回はその骨盤ストレッチを取り入れたダイエット 法について書いてみました。 この方法は、特に何か機械を使ったりすることもな …

置き換えダイエットで大人気のスムージー食品を数種類ご紹介。

スポンサーリンク 置き換えダイエットが人気を集めているようです。 1日の食事のうちの、1食または2食を別の食品に 変えると言うだけなので、簡単さが受けている ようです。 今回はその置き換えダイエット食 …

顔のたるみと加齢についてその原因と対策とは?

今回は顔のたるみについて書いてみました。 シミやシワなどもそうですが、見た目年齢を 上げやすいものとして「顔のたるみ」があり ます。 個人差はあるものの、10歳くらいは老けて 見えてしまう恐るべき「顔 …

美へそダイエットをご存知ですか?その方法とメリットとは?

スポンサーリンク 「美へそダイエット」という言葉はご存じでした でしょうか? いろいろなダイエット法があるのは知っていますが、 このダイエット法は私も知りませんでした。 へそを美しくするダイエット?と …

エステを体験しよう。手軽にできる体験エステでリフレッシュ!

スポンサーリンク あなたは「エステ」と聞くとどのようなイメージが わくでしょうか? 以前はエステと言えば、お金持ちのマダムなどが 大金を払って通う所のようなイメージがあったかも しれませんが、最近はか …

最近のコメント