一歩(いっぽ)ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

FXトレード関係

FX初歩からの学び直し-9、絶好球を見逃さない

投稿日:

FX初歩からの講座9回目となります。

今回は短期トレードを行っていく上での
考え方について学びます。

ある意味「マインドセット」的なものに
なるかもしれません。

しかし、これは非常に重要な意味を持ちます
ので、軽視せずにしっかり学びます。

スポンサーリンク

絶好球をフルスイングで

エントリータイミグを考える上で、忘れては
いけなことはこれらのことです。

 相場を常に監視し続けるのは現実的不可能
 自分がチャートを開いた時に絶好球が
投げられるとは限らない。
 外角低めなどボールすれすれの球が投げられた時
には乗らないのが原則。
 しかし、絶好球の時にチャートと対峙できるか
分らない以上、絶好球以外全て例外なく入らない
とすれば、エントリータイミグはほんどなくなる。
 そこで、絶好球以外入る良好球の限界を決めておく
必要があるのであって、なおかつ、ロットを減らす
ことで、良好球のリスクを軽減する必要がある。
 また、当然絶好球が来た時は、フルスイングで
打ちに行く必要ある(ただし、絶好球がなんたる
かを見誤れば大きなロットで三振空振り、大きな
損失にもつながることに注意)。

このように、エントリーするタイミングが絶好で
あれば、しかもフルスイングでうまくミートできて
しまえばホームラン、すなわち大きな利益を得る
可能性が高まります。

しかし、そう上手く事が運ぶ場合ばかりでない
ことはみなが感じていることでしょう。

失敗すれば大きく損を出す場合も十分あります
ので、これらの考え方をしっかり身に付け自分の
ものにする必要があるでしょう。

時の経過でわかること

・エントリーは、早い方が良い時と遅い方が
良い時がある。
早い方が良い時とは、リスクが低く、リターンが
大きく見込める場合である。
遅い方が良い時とは、この後どうなっていくのか、
複数のシナリオが同じレベルの確率で考えられる
場合である。
早い方が良い時とは、まさに絶好球のこと。絶好球は、
待ったなし、ごく短期間で過ぎ去るため、力強く
素早く行動する必要がある。
遅い方が良い時には、エントリーせず、時間を
経過させ、次の項目で述べるポイントから、
相場の方向性、状態を正しく把握し、不確実性を
低減させることができる。

後になってみると、そのエントリーがどうだった
のかと振り返ることができるのですが、どうせなら
上手くいった事を振り返りたいものです。

しかし、失敗したことの振り返りももちろん
重要ですので、常に反省はトレーダーには必要な
ものである事を忘れてはいけません。

エントリーが遅い方が良い時

・切り上げがあるか(切り下げがあるか)
高値更新があるか(下値更新があるか)
下落調整の程度を見る(戻り反発の程度を見る)
大陽線があるか(大陰線があるか)
坊主があるか
スラストがあるか
スラストアップがあるか(スラストダウンがあるか)
ランウェイアップがあるか(ランウェイダウンがあるか)
下髭があるか(上髭があるか)
チャネルの幅を見る(波動の幅が広いか狭いか)

スポンサーリンク

これらの兆候をじっくりと見ながら、よく考えて
エントリーをすれば、こういう状況で慌てて入って
大きな損失を出さずにすむのかもしれません。

大きなチャンスになるトレンドに逆行する調整

・例えば、上昇トレンド中に急落を起こすことがある。
その急落直後は、買いの絶好のチャンスである。
場合によっては、あなたよりも前にエントリーして
苦労して待ってきた人達よりも、有利でかつ、
リスクが少なく、時間効率の良いエントーとなる
ことすらある。
転換点がほとんど出ない以上、押し目買い(戻り売り)
をマスターできるかどうかは、ほぼトレーダーとして
の選手生命にかわる問題である。
なぜ直ちに乗らないことが多いか言えば、押し目
であれば、相対的にリスクが下げられ、少くとも
最高値買いにはまることをなくせるからである。

以上のように、トレンドが続く途中の調整をうまく
とらえることができれば、すなわち、押し目買い、
戻り売りを上手にとらえて、いいタイミングで入る
ことができれば、かなりのリスク軽減にもなると
いうことでしょう。

仮説ロング、仮説ショートについて

・仮説ロング(ショート)とは、転換の型が明確に
出る前に、最安値買い(最高値売り)すること。
この取引の問題は、エントリー自体が、ここが
大底(天井)でないか?との仮説である点である。
ややもすると、妄想に陥ってこれを行う人がいる。
しかしながら、仮説ロング、仮説ショートにも
利点はある。それは、ロスカットラインまでの
距離が近い点である。
したがって、仮説ロング(ショート)のロスカット
ラインが常に守られ、ロスカットに達するまでは、
忍耐をして、もしも上手くエントリーラインが
離れて含み益を生んで成功となった場合には、
利益を大きく伸ばし、それを安定的継続に
繰り返せるのであれば損小利大を作ることは十分に
可能である。

しっかりとした裏付けのもと、仮説ロングやショート
をしてみるのもよいのかもしれません。

上手くはまれば、大きな利益が得られるかも
しれませんが、仮説であることを忘れないように
ロットを小さくしてエントリーするのがよいのかも
しれません。

まとめ

今回はエントリーとタイミングについての考え方
および、押し目買い(戻り売り)の有効性、そして
仮説ロングや仮説ショートというものについて
学んできました。

師匠がエントリーがとにかく何よりも重要だと
いうことを繰り返し言っていますので、今回も
そのエントリーがらみの内容でしたが、いずれも
重要な考え方だったと思います。

しっかり復習して、自分のものにしたいと思います。

スポンサーリンク

-FXトレード関係
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

FX初歩からの学び直し-28、4つのフェーズごとの意識と手法

スポンサーリンク FXで実際に玉を持ってトレードを始めてから 1ヶ月あまりが経ちました。 何とかお金を減らさないように、そして可能な 限り増やすようにとやっているのですが、 なかなか上手くはいきません …

FX初歩からの学び直し-32、オシレータの応用

スポンサーリンク ついに3月から学び直し始めたこの講座も、 5月末で終わりになりました。 あっという間の3ヶ月間でした。 これからは、もう一度復習をかねて初めから 講義を見直していこうと思っています。 …

FX初歩からの学び直し-1、必須の7つの指標とツール

スポンサーリンク メタトレーダー4(MT4)という高機能チャート ソフトを使いながらFXのトレードを学び直して います。 過去に自己流で適当にトレードをして、大きな損失を 被った自分ですが、今度はとに …

FX初歩からの学び直し-5、エントリーを極める

スポンサーリンク FX初歩からの学び直し-5、エントリーを極める FX初歩からの講座5回目となります。 毎日コツコツとトレードのための基礎知識を 頭に整理しています。 学ぶべき事も多いので、1回話を聞 …

FX初歩からの学び直し-31、学んだことを確実に

スポンサーリンク 3月から学び直し始めたこの講座も、間もなく 終わりになろうとしています。 この3ヶ月間でいったい何を学べたのか? 自分としてはかなり、疑問なところがあります。 なかなか3ヶ月くらいで …