一歩ずつの歩み

~ 一歩一歩小さな知識を積み上げてゆく ~

美容、健康

インフルエンザの予防と豆知識。年齢別対応とは。市販薬は効く?

投稿日:

 

今回はインフルエンザの予防に関して書いてみました。

季節はまもなく、冬から春へと移行しますが、まだ
気温は低く、風邪やインフルエンザも流行は衰えて
いないのではないでしょうか?

そんな、インフルエンザを予防するための豆知識や、
年齢別の予防法などについても触れています。

ぜひ参考にされ、風邪やインフルエンザにかからないように
して下さいね。

↓↓↓(続きは画像をクリック)↓↓

血糖値を下げる食べ物-3、お茶、大豆食品、ナッツ類

スポンサーリンク

予防のために知っておきたい・インフルエンザ豆知識

インフルエンザの予防のため、インフルエンザについても
知っておきたいことがあります。

そんなインフルエンザ豆知識のご紹介です。
まず新型インフルエンザってなんなのでしょう。

冬には新型インフルエンザと騒がれることも多いようですが、
この新型インフルエンザとは幾つものインフルエンザウイルス
の中で、新しく人同士で伝染することができる力を得た
ウイルスのことを言います。

インフルエンザは毎年のように、今までの古いタイプの型と
一緒になった新型が増えてくるのです。
そのため誰も免疫がないためインフルエンザの予防接種を
するわけです。

次にワクチンがあるにもかかわらず、どうしてこんなに
インフルエンザが流行するのか。

それはワクチンをつくるときには、その年に流行するで
あろうウイルスの型を予想して作るため、当たるとき
ばかりではありません。

外れたときにはある程度流行してから、その型の予防接種を
行うことになるため、どうしても流行にも波が出てしまいます。

では次は風邪とインフルエンザの違いについてです。
インフルエンザは一般的な風邪とは違い、発症が急激で
あること、症状が強いこと、高熱、倦怠感など普通に生活が
できないほどです。

風邪でもひどいときにはこのようなこともありますが、
せいぜい2日か3日で熱は下がっていきます。
しかしインフルエンザは5日から1週間は高熱が続くことも
あり、辛い症状は大体1週間続くのです。

風邪は薬で炎症を抑え熱を下げることができますが、
インフルエンザは薬を飲んでもやはり1週間程度熱が
下がらないことがほとんどです。
じっとして安静にしていることが大切です。

予防のために知っておきたい・ABC型インフルエンザ

インフルエンザにはA型、B型、C型とありますが、予防の
ためにもこのインフルエンザの型について知っておきましょう。

インフルエンザウイルスはとてもたくさん存在していますが、
人同士感染するウイルスはA型、B型、C型の3種類と言われて
います。

A型インフルエンザウイルスは症状が激しいタイプです。
回復の過程で免疫が体内に作られていきますが、どんどん
ウイルスの形を変えて新しい形に変わっていくため、
今までA型インフルエンザにかかって免疫ができていたと
しても、今年のA型の免疫ができていないのです。

ウイルスは毎年どんどん進化しているので、今までの
免疫は関係ありません。

38度以上を超える高熱が続き、肺炎や呼吸困難、脳炎、
脳症につながりやすいタイプです。

ものを飲むことも出来ないほどの喉の痛みも特徴で、
関節痛も起こります。

B型インフルエンザは数年ごとに定期的に流行するタイプです。
A型より穏やかな症状でお腹が痛くなったり下痢の症状が
見られます。

あまり高い熱が出ないと、普通の風邪だと間違ってしまう
こともあるタイプです。

C型インフルエンザは一生のうち、1回免疫ができれば2度と
かかりません。
つまり進化しないタイプのインフルエンザと言えます。

そのためほとんどの大人は免疫を持っているタイプで、
小さい子供がかかりやすいタイプです。

感染しても軽く、風邪と間違われることもあります。
鼻水が出る程度で、特に症状が出ない事もあるタイプです。

年齢によるインフルエンザ予防

インフルエンザは辛い症状になりますが、やはり乳幼児、
お年寄り、妊婦、持病のある人などがかかると重篤に
なることもあります。

そこでそれぞれの予防法について考えてみましょう。

スポンサーリンク

乳幼児は体が小さいこと、免疫機能がまだまだ大人のように
発達していないため、インフルエンザにかかると症状が
重くなるリスクが高まります。

また脳炎や肺炎などの合併症にもつながってしまうため、
重篤な状態に陥ることもあります。

そこで栄養状態に注意し、睡眠をとるようにさせる。
流行しているときには、できるだけ人混みは避け、両親、
兄弟などはできるだけワクチンを打っておきましょう。

お年寄りの場合も注意が必要となります。
年齢によって免疫が低下している場合が多く、抵抗力が
少ないのでインフルエンザにかかりやすく、かかると
重くなる傾向があります。

毎年ワクチンを打っておくようにしましょう。
また人混みを避けるようにし、お茶など水分を取るように
します。

妊娠中の女性も体の変化、ホルモンバランスの乱れなどが
起こり、免疫力の低下によってインフルエンザにかかり
やすいと言われています。

妊娠中はワクチンを打てないと思われていますが、
ワクチンを打っても大丈夫な時期もあるので医師と
相談してみましょう。

妊娠中にインフルエンザにかかると、胎児に悪い影響を
与えることもあります。
人混みもできるだけ避けるようにしましょう。

持病を持っている人もインフルエンザには注意を
しなければなりません。

糖尿病などはインフルエンザにかかりやすく、重く
なりやすいと言われています。

できるだけワクチンを受けるようにしましょう。
また喘息などを持っている人は、肺炎などの合併症に
なりやすいので、やはりワクチンを受けるようにしたい
ものです。

インフルエンザ予防と治療・市販薬は効くの?

インフルエンザの予防や治療に、市販の感冒薬は効果が
あるのでしょうか。

急に発症し、高熱が出るのがインフルエンザの特徴です。
やはり仕事があるときなど、急に発熱しても薬でなんとか
会社に行きたいときもあります。
そんなときに風邪の市販薬は効果があるのか。

結論から言うと、まったく効果はないと思うべきです。
市販の感冒薬はもちろんメーカーによって、いろいろな
薬品成分が違います。

特徴として鼻水止め、咳止め、鼻づまり止め、痰切りなどに
効果のある成分を入れて、それぞれの感冒薬の特徴と
しています。

インフルエンザの合併症で、小さい子供に多いライ
症候群があります。

肝臓の細胞の中のミトコンドリアが傷付くというものです。
それにより肝臓機能が低下し嘔吐、錯乱、麻痺、昏睡など
重篤な症状に陥るときもあります。

市販の感冒薬に含まれている解熱鎮痛剤のアセチル
サリチル酸によって、このライ症候群を起こすリスクが
高まるのです。

またジクロフェナクナトリウムやメフェナム酸と呼ばれる
解熱鎮痛薬によって脳にダメージを受けるリスクも高く
なるのです。

どちらも大人より子供に多いので、とりあえず市販の
感冒薬を飲ませるということは危険が伴います。

そのため特に子供は急な発熱の場合、インフルエンザの
可能性を考えて病院に行くことが大切です。

もちろん大人でも急な高熱はインフルエンザの可能性が高く、
合併症にならないためにも市販の感冒薬をすぐ飲む習慣は
避けたいものです。

まとめ

今回はいかがでしたでしょうか?

インフルエンザのワクチン接種は効く場合もあり、
効かない場合もなるようです。

しかし、ワクチン以外でも予防する方法はいくつか
あり、それについても書いてみましたので参考に
して頂ければ幸いです。

人気ブログランキング

スポンサーリンク

-美容、健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アトピーとサプリメント。アトピー用サプリと胃腸の関係や注意点。

スポンサーリンク アトピー性皮膚炎は、近年になって特に増えてきた 疾患の一つです。 原因はアレルギーによるものですが、なかなか やっかいな病気になっています。 今回はそのアトピーとサプリメントの記事を …

ダイエットの成功者とは?成功者の意見や学ぶべき事は何でしょう?

スポンサーリンク ダイエットの成功者とは一体どのような人だと あなたは思っているでしょうか? ダイエットに成功して、リバウンドすることなく 痩せたままの状態を維持し続けている人と言う事 ができるかもし …

有酸素運動の種類と有酸素運動によるダイエットに適した時間帯

スポンサーリンク 今回は有酸素運動について記事を書いてみました。 有酸素運動というとどのようなものを想像される でしょうか? ウォーキングやジョギング、そしてエアロバイク などがポピュラーなものと思わ …

酵素サプリメントの基礎知識と利用方法について

スポンサーリンク 酵素のサプリメントというのはご存じでした でしょうか? 結構雑誌やテレビなどでもいろいろと話題に なってきているので、おそらく多くの方が 聞いたことはあるでしょう。 今回はその酵素の …

雑炊でダイエットする方法とダイエット効果を高める方法とは。

スポンサーリンク ダイエットの方法の1つとして、雑炊を使った雑炊 ダイエットというものがあるのはご存じでしたか? 雑炊といえば、ご飯や穀物の量が少ない割には 水分が多いので、その水分によってお腹がある …

最近のコメント